地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相馬市長立谷秀清メールマガジン 2011/03/26号

●ろう城

まず今回の地震津波で亡くなられた多くの方々のご冥福を祈りたい。
相馬市の場合、地震の揺れが終わった直後に災害対策本部を召集し、津波からの避難呼びかけと誘導を指示した。海岸部の5027人の家屋が流出て瓦礫となったが、亡くなった方は約一割。多くの方を避難させた消防団の方々に、心から感謝と敬意とお詫びを申し上げなければならない。避難指示、あるいは誘導の業務により逃げ遅れ、殉職された団員が7人。この方々の尊い命と引き換えに守られた、多くの市民の生活と郷土の再建に死力を尽くすことが、私のせめてもの償いと思っている。

さて震災直後は情報収集と生存者の救出に全力をかけた。地震の倒壊による死者はわずかにひとり。その50分後に信じられない報告が対策本部に入ってくる。
津波が6号バイパスを越えようとしているというのだ。私には想像もつかないことだったが、現実は原釜、磯部の集落が壊滅、尾浜、松川も高台以外は波にのみ込まれ、原形をとどめる家屋は無くなっていた。体中に心配と不安が走るなか、災害対策本部の次の仕事は生存者の保護と救出者の健康管理である。夕方の、沿岸部のすべてを飲みつくした海水の中で、孤立している被災者をひとりでも多く避難所に退避させ、暖を与え水と食事を摂ってもらうことに専念した一夜だった。

時間がたつにつれて、行方不明になっている親族や知人の報告が入ってきたが、対策本部の中では誰ひとり感情を表に出す者はいなかった。この非常事態に、市をあげて取り組まなくてはならないことを全員が分かっていた。被災の10時間後、4回目の対策会議で我われは、復興にむかって一歩ずつ進んでゆくことを誓い合いながら、今後の行動指針を短期的対応、中長期的対応に分けて策定した。明日になれば、災害の全容がわかるだろう、犠牲者の情報ももっと詳しくわかるだろう、しかしどのような事態であっても臆することなく、着実に計画を実行していくことを肝に銘じた。

二日目以降の避難所は、被災者とライフライン不通による一般避難民とで過密状態となったが、女性消防隊や自衛隊の応援による炊き出しや、早くも届いた支援物資で何とか最小限のことは出来たと思う。家を無くされた方々の避難所生活から、アパートや仮設住宅での自立した生活に移行してもらうこと、災害現地をできるだけ整理すること、またそれまでの長期にわたる不自由な生活のなかでの健康管理や精神的なケアなど、中長期の計画に添ってチーム一丸となって歩み始めた。

ところが。
45キロ離れた遠くの双葉郡から、二度目の悪魔が襲ってくる。放射能の恐怖という不安心理である。広がる一方の原発事故は一日中の過敏報道とともに、周辺地域はもとより日本中を恐怖心に駆り立ててゆく。半径20キロの範囲が避難指示地域になったころから、相馬市にも遠くに逃げ出そうという気分が広がっていった。
同時に国内の物流業者が敏感に反応し、相馬地方やいわき市に入ることを避けるようになった。ガソリンのタンクローリーなどは郡山で止まってしまい、運転手をこちらから向けないと燃料も手に入らない。震災後わずかに開いていたコンビニやスーパーも商品が入って来ないため閉店である。ガソリンと物資が入らない日常生活の不便に加え、原発の放射能拡散の恐怖が相馬地方を襲ったのだ。

市民は終日テレビにかじりつき、解説者は得意げに危険性を説明する。たしかチェルノブイリでも30キロのはずだったが、45キロ離れて避難命令も出ていないはずの相馬市民の顔色がみるみる不安にあふれていく。
もしも放射能の数値が上がったら、その時避難したのでは遅いのではないか?
国は、本当は健康被害が出るくらいの危機的状態なのに、国民を騒がせないために隠しているのではないか?
ひょっとしたら今こそが逃げるべきタイミングなのではないか?
現に米国は80キロまで避難させたではないか?
事実、屋内退避とされている南相馬市では大量脱出が始まった。ガソリンも食糧も医薬品も届かない陸の孤島にいたのでは、ヒロシマのように爆発してからでは遅いのだという恐怖が、まず南相馬市民を相馬市に向かわせた。相馬市の避難所に押し掛けてきたので、こちらでは新たに廃校となっていた相馬女子高を南相馬市民のための避難所とした。容量は1000人分。もちろん食糧の提供もこちらの義務となるが、我われより困っているのだと思ってひき受けることにした。災害対策本部には、一瞬顔をこわばらせるものがいたが異論は出なかった。

しかし、南相馬市民の不安や脱出願望を肌で感じた相馬市民にも危機感と焦りが生じてきた。早く逃げないと、放射能による障害をまともに受けるのではないかという不安が蔓延するようになってきたのだ。対策本部としては、国から避難命令が出る前に、自分たちで自主避難を決めることはあり得ない。この当たり前の立場を対策会議で確認して、三か所の避難所で演説してまわった。

我われはその後の対策会議で、復興に向けて着実に進む方針を、短期対応、中期対応、長期計画と分けて市内の実情に合わせて着実に進んでいくことを決めてきた。その過程で、もしも国から一時避難を指示されるなら、市民の健康や生命を案じて計画的な集団避難を実行しなければならないが、漠然とした不安にかられて復興計画を遅らせるとしたら、亡くなった人たちに済まない。だいいち、高齢者などの災害弱者にとって、相馬を離れた避難所生活が辛くないはずがない。だから、国から避難指示のない現段階で、市民とともにこの相馬市を離れるつもりは毛頭ない。

ところが、原発の放射能もれに対する国中の不安が、相馬への物流を決定的に止めてしまった。影響が特に厳しかったのが医薬品である。この点は供給会社のトップと話して、相馬がどうしても撤退できない理由を理解してもらった。彼らの理解を得て医薬品の供給は確保されたので、相馬の医療機関は留まることができる。しかし、問題はスーパーやコンビニで、生活用品や食料を調達できないことである。
市民にはご不自由をかけているが、ここで生活の不便さや原発の恐怖心に負けてしまったら、相馬地方は将来ともに復興が出来ないに違いない。昨日、行政組織の区長さんたちを集めて、相馬市はろう城生活に入ることの了解を得た。いつまでも続くはずもない原発騒ぎや物流の風評被害に負けたら、津波から被災集落住民の命を守って殉職した分団長や団員に申し訳がない。
最低、米と味噌と梅干しがあれば、生きてはいける。天明の飢饉はもっとひどかったはずだ。よってろう城をしながらここで頑張る。さいわい全国の市長たちが支援してくれるから、兵糧の心配はない。


http://archive.mag2.com/0000096393/20110324080000000.html



スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 原発 行政 避難 物流 メルマガ

記憶と対策・地震・原発

[31] 記憶と対策地震原発 Name:はね@福島中通り 2011/05/17(火) 11:24 [コメント ]
福島かんかんさんの投稿を見て、私も皆さんの何か役に立てればと投稿します。
私の地区は福島第一原発から約60kmに位置しています。

3月11日当日はこちらは震度6弱、地鳴りがすごかったです。グォォォォゴォォォと、直後から西から東への細かい雪で猛吹雪になりました。わくわくさんのコメント欄にも書きましたが、近所で地震に怯えた飼い犬がパニックで飛び出しまったケースがあり、何か対策があった方がいいと思います。

私は感謝することに1度も避難すること無く今に至りますが、今は放射能とどう向き合って防御していくかの点に集中しています。
今私が常に車と家に備えてるものとして
・カッパ
・マスク(N95)
・ハンカチタオル(1歳児がいるので、マスクを嫌がるため一大事のときに濡らしたハンカチで対応します)
・手袋
・水12リットル(家のすべての水は120リットル備蓄)
・粉末ジュース(熱射病に備えイオン系数袋)
・帽子
・後は皆さんも備えてる懐中電灯ラジオなどの防災袋一式

格納容器・圧力容器の爆発の可能性を冷静に頭に置いておくことで、無防備でいるより安心感は得られました。
その備えがどれだけ効果があるのかわかりませんが、全くの無防備よりはいいのかな・・。

皆様も物資不足や燃料不足を経験されてわかってる方が多いと思いますが、やはり米と味噌、そして水があったことは1番心強かったです。ただ、ここは停電が1度も起きなかった地区なので、停電があった地区はご苦労も多く必要な物も違ってくると思います。

ある程度買い物が出来るまで最低1~2週間かかったと思います。ご近所の方との物々交換や情報交換はとても役立ちました。
ガソリン不足で自転車で動いてる方(出勤や買物、水の確保)が増えました、爆発から数日は放射能対策を万全にされてる方は少なく感じました。
県からテロップでマスクや換気等の注意がされたのも少し経ってからのことで、避難区域以外は国からとくに指示は無かったと思います。テロップには「県からの呼びかけ」とありましたから。我が家は爆発から2週間は子供を一歩も出しませんでしたが、さすがに飲料が底をつきはじめ、置いて行けず、見て貰う人も居ないので、車で外出しました。

何かあったときは、万全に構えられる備えだけは自分で判断していくのが今思うことでしょうか。避難に関しては私も何とも言えません。実際60キロに居て、今もなお生活をしているので。。

断水、初めての経験でした。
蛇口をひねっても水が出ないというのはすごく辛く不便さを実感しました。洗物が出来ない、洗濯が出来ない、トイレが流せない、お風呂に入れない。衛生的なものばかりです。風呂の水はトイレ用や少ない洗濯用に大事ですね。
今はトイレの水用として開いたペットボトルに備蓄しています。
お風呂の残り水をその分洗濯などに使えるので。
食器はラップを敷いて洗わなくて済むようにしました。

それと震度6弱でしたが、店内の天井が崩落、または剥がれ落ちた店が多くありました。瓶なども割れたり、すぐの営業再開はお客さんの安全確保第一で無理なようです。
大きなドラッグストア系は店が営業開始するまで2~3週間以上かかりました。
赤ちゃんやペット用品、生理用品等が手に入りにくくなりました。
営業再開した店の棚を思い返すと、食品飲料は勿論のこと、ラップも無くなるのが早かったですね。
今まで様々なものを無くなったら買うの人でしたが、最低2つは備蓄するようになりました。
わくわくさんの備えてわくわく精神ともっと早く出逢いたかった~って思います。

原発に関しては福島のような事故が二度と起きないことをただただ願います。
万が一のときはやっぱり「慌てない、情報を確認する(ここが明確じゃないと動きようも無いのが問題!)、冷静に行動する」ですね。
ちなみに姉は防災にすごく徹底してた人ですが・・・震災当日は揺れる中自分の逃げ道に倒れるものを全く確認せずまっさきに家から慌てて飛び出したという^^;準備はあっても頭の中でのシュミレーションというのは大事なんだと思いました。

読みづらい長文ですいません<(_ _)>


[32] RE:記憶と対策地震原発 Name:かんかん@福島 2011/05/17(火) 12:11
福島はねさんのコメントを見て思い出したことがありますのでお邪魔させて頂きます。

食料の調達などに確かに時間が掛かりましたがこれは大手のスーパーなどを使っている方はもっと大変な思いをされたと思います。
それは、中に人が入れないので(安全確認ができるで営業再開が出来ない)そとで回転率の悪い物を優先に販売されることが多いからです。このために必要な物の調達のために動きまわってガソリンなどをっ必要以上に使ってしまう傾向があります。

そのためには多少高くとも近所の個人商店などの情報を入れておくと非常に便利です。わたしは郊外ということもありましたが3件の商店を使うことにより食事に関しては何の問題もありませんでした。少し多めに仕入れて近所との交換で内容も満足を得ることが出来ました。

とにかく現代は燃料が不足するとインフラさえも止まってしまうのでそして回復も遅れますのでいわゆる抜け道を自分で構築しておいてほしいと思います。


[33] RE:かんかんさん Name:はね@福島中通り 2011/05/17(火) 13:55
かんかんさん、わかりやすい説明ありがとうございます。
ほんとにガソリンには泣かされました。
我が家も小規模なスーパーが近場にあったので、そこは再開が早く、確か5日目から再開してました。ギリギリまで買い物には出ませんでしたが、ご近所の方などから情報を得られました。開店情報はNHKなどの災害情報テロップ、地域のラジオ番組で情報を得れますが、個人店舗までは把握しきれ無いので、地域の方々との情報交換は本当に大事ですね。また閉店時間が早いので、働いてる方の買い物は大変だったと思います。

津波地域だった被災地は店の再開すら不可能な状態で、避難所利用をされなかった方々も相当ご苦労されたと思います。

http://wakuwaku-bbs.webdeki-bbs.com/wakuwaku-bbs_topic_pr_31.html


[9] 備えあれば憂いなし Name:かんかん@ふくしま 2011/05/03(火) 11:03 [コメント ]
福島内陸部です。
私も地震の体感には疎いのですが当日は地震の後急に吹雪いてきたのを憶えています。これからの季節は吹雪は少ないでしょうが急に気温が下がりますので車のある方は足まで防護できる服を入れておくと
かなり快適に過ごせます。

近所との連携は物資の不足を解消できますので出来るだけ多くの物資を提供してあげて下さい。こちらは被災とは名ばかりのものでしたが近所との食料の連携でかなりいい食事を毎日取ることが出来ました。そのおかげでボランティアにも早くから参加が可能となりました。

地震後は停電からラジオを3日間使用しましたが、地震の前には音波の変化がこちらでもありましたので身構えることが出来ました。しかし、震源が近い所では地震の方が早い(縦揺れが急に来る)のであまり気付きの参考になるものではありません。

その後は原発問題などがありましたので、大きな避難所に4日ばかりボランティアに行きましたが一段落すると皆さん困っているのが現金と着替え(生理用品含む)です。最低1週間分を用意してもらえればその後は援助物資が手に入るのでそれだけお願いします。あと出来れば枕もあった方がいいでしょう。これはかさばるので空気で膨らます旅行用などがあればいいのかなと。毛布を枕にして肝心の体温維持に困っている方が結構いたので本末転倒にならないようにして頂けたらと思います。

ながながと書きましたがご参考になれば幸いです。予測、準備、連携があれば被災後の生活は問題なしです。

http://wakuwaku-bbs.webdeki-bbs.com/wakuwaku-bbs_topic_pr_9.html


imidas特別編集 完全版 放射能 地震 津波 正しく怖がる100知識

新品価格
¥1,050から
(2011/7/22 22:54時点)



テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 原発 地震 被災 対策 掲示板

悲しみ乗り越え桐生で生き抜く震災避難者

 東日本大震災と原発事故で桐生市に避難している福島県南相馬市小高区の菅野行友さん(54)は、先月11日の津波で、両親と里帰り出産直後の長女、そして生後わずか12日目の初孫を奪われた。残された家族4人での避難生活も来週で1カ月になるが、原発20キロ圏内の自宅跡は放射能漏れで一時帰郷もままならない。「行方不明の孫や母を捜したい。でも、生き残った子の未来も大切。今は前を向くしかない」。悲しみを乗り越え、桐生で生き抜く覚悟を決めたと語る。
 菅野さんは両親と妻、次女、長男との6人暮らしで、2月28日に里帰り出産した長女と初孫の男の子も加わり、喜びにひたっていた矢先だった。
 地震直後、職場にいた菅野さんは海まで50メートルほどの自宅に急いで戻った。両親と長女、孫の無事を確認してほっとする。「お父さん…」と長女が言いかけたとき、バリバリという音が響いた。
 防風林のマツがなぎ倒され、庭の自動車がフワッと浮く。次の瞬間、津波に家ごと吹き飛ばされた。水中でもみくちゃにされ、どんどん息苦しくなる。「これで終わりか」とあきらめかけたとき、偶然にも首から上が水面上に出た。
 近くの大型倉庫の最上部にある窓の格子をつかんでいた。そのまま津波を何波もやりすごし、切り傷だらけになりながら水が引くのを待った。
 避難所で無事だった妻と次女、長男と再会したが、自宅で一緒だった4人の姿はない。父と長女は遺体で見つかった。残る2人も探したいが、原発事故の放射能漏れで今も近づけないままだ。
 桐生には親類を頼って約2週間前に車で避難してきた。現在は市営二本松団地(相生町三丁目)に家族4人で暮らす。次女は自転車で通える範囲で職探しを始め、長男は地元高校への編入が決まるなど、新天地で第一歩を踏み出そうとしている。
 菅野さんは「なんとかして孫と母を探してやりたいが、原発事故で近づくことさえできないのが本当に心苦しい」と嘆く。その一方で「生き残った子の未来も大切。少なくとも子どもが学校を卒業するまでは桐生でお世話になる覚悟。桐生の人たちのおかげで、生活の場所をいただいた。今は前を向くしかない」と自らに言い聞かせた。

2011-4-6
http://www.kiryutimes.co.jp/news/2011/0406/1104061.html

闘う日本 東日本大震災1カ月の全記録

新品価格
¥1,365から
(2011/7/19 08:57時点)




テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 犠牲 赤ちゃん 原発 桐生タイムス

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。