地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋上のSOS(石巻)

 東日本大震災。3月11日、世界最大級マグニチュード(M)9.0のエネルギーが東北の大地を突き上げ、1000年に一度の大津波が太平洋沿岸をことごとく破壊した。復興に立ち向かうために、あの日の事実、今の現実を後世に伝えなければならない。「ドキュメント 大震災」。シリーズ第1弾「その時 何が」では、震災直後の混乱の中で断片的な情報だけが入り、詳細が不明のままとなっていた出来事を掘り下げる。

◎砂糖なめ飢えしのぐ/コピー紙並べ「気付いて」

 3月13日の朝刊に、石巻市の学校を上空から撮影した写真が載った。屋上に「SOS」の白い文字が浮かんでいる。小さな人影が両手を大きく広げ、助けを求めていた。

 その学校は大街道小だった。石巻工業港から北へ約1キロ。3月11日の津波で1階が水没し、学校の周辺も海水に沈んだ。2、3階に避難した住民や教員、児童ら約600人が孤立状態に陥っていた。
 甲斐好子さん(36)は地震後、首まで水に漬かりながら、近所のお年寄りや赤ちゃんを救助。ずぶぬれになって、母親(69)と学校にたどり着いた。
 恐怖と不安の一夜。上空に非常事態を象徴するヘリコプターの爆音がとどろいていた。夜明けが近づくと、爆音が交錯し始める。12日朝、何機ものヘリが、上空を飛び交っていた。
 甲斐さんら数人が屋上へ駆け上がった。ヘリを見上げる。「気付いて」。救助を求めようとの声が挙がった。誰が発案したか甲斐さんは覚えていないが、教員らがB4判のコピー用紙を持ってきて、並べ始めた。「SOS」。風で飛ばされぬよう、ウレタンの破片を重りにした。
 甲斐さんはヘリに向かって必死に手を振った。「何か物資を落としてくれないか、誰か降りてくれないかって…。でも、みんな飛び去ってしまった」

 約600人を飢えが襲った。備蓄食糧はなかった。避難者のうち子どもが約400人。わずかな食べ物でも、子どもたちを優先した。
 11日は放課後児童クラブの菓子を児童らに分けた。12日、水が止まる。住民らはスティック袋に入った砂糖をなめた。
 北村統教頭(49)は「先生方や大人は2、3日間、ほとんど食べるものがない状態。我慢するしかなかった」と言う。
 水が徐々に引き始めた12日、自宅などから逃げ遅れた住民らが水に漬かりながら、続々と校舎に来た。避難者は1300人まで膨れ上がった。
 近所の中華料理店が炊き出しをしたのは14日だ。紙コップ半分ぐらいの野菜スープを皆ですすった。だが、周囲にガソリンやガスの臭いが漂い、炊き出しは中止せざるを得なかった。差し入れや買い出しで調達したわずかな食料を分け合った。
 自衛隊員が19日、おにぎりとお湯を運んできた。拍手が湧き上がった。「ごつごつした、いかにも男の人が握ったおにぎりだった」。甲斐さんはその味が忘れられない。

 校舎の中では、懸命な救命、医療活動も続いていた。
 石巻市立病院の看護師中里珠丹さん(36)は12日早朝、教員の叫ぶ声を聞いた。「誰か看護師さんはいませんか」。1階の保健室へ行くと、ベッドに女性が横たわっている。低体温症だった。毛布はない。カーテンを体に巻き付けた。
 もう一人いた看護師と心臓マッサージを施したが、女性は間もなく、静かに息を引き取った。
 十分な治療設備はない。ピンセットはライターであぶって消毒した。
 急ごしらえの救護室には昼夜を問わず、行列ができた。中里さんは10日間、ほとんど寝る時間もなく、応急処置などに忙殺された。
 日赤の緊急医療チームがやって来たのは震災1週間後だった、と記憶する。「精神的にも肉体的にも、もう限界だった」(大友庸一)

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/20110516_02.htm


スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 避難所 救助 学校 孤立 河北新報 レポート スクラップ

昼ごろに初めての配給があり、お椀に半分のスープを食べることが出来ました。

女川の津波にあった方の体験談を紹介したいと思います。
彼女は地震直後、女川一中に逃げ込み、まさに九死に一生を得ました。
彼女の見た世界とは・・・。この文章を読んだとき、涙が止まりませんでした。
自分が通った中学校から見た景色が地獄絵だなんて想像がつきません。
辛いけど、生の声を聞いて、この津波と正面から向き合う事も必要だと思いました。
そして、私たちは津波の恐ろしさ、家族の大事さを伝えていかなければならないと思うんです。
忘れて欲しくないので、ここに転載させていただきます。
深呼吸をして、ゆっくり、読んでください。

------------------------------------------------------------------------------
『3月11日、女川町 』 松川真子(19)mixiネーム:海がみたい さんより
------------------------------------------------------------------------------


私は女川町から 石巻市、涌谷町、美里町を通って仙台市まで避難してきました。

私一人の情報なので量は少ないですが、全て報告したいと思います。

まず先に・・・
女川は、石浜、宮ヶ崎、大原、清水、鷲神は全壊と考えていいと思います。
旭ヶ丘は津波の被害はありません。


私は女川で地震にあいました。
地震後すぐに警報がなり、慌てて車で第一中学校まで祖母と避難しました。
その時点での大津波警報では、津波は3mということでした。
警報から15〜20分後、海面が上昇し始め、海岸から徐々に水が広がっていき、最終的には鉄砲水のような勢いで津波が押し寄せてきました。
バキバキという音と爆発音がなり続け、海水が女川町全体で渦を巻いていました。家も駅も生涯教育センターも、全部水の中で、姿もみえなくて、幼稚園があったはずの方向には海岸から流されてきた船があって、家がそのまま水に流されて浮いてた。みんな渦の中。津波は中学校の海側の坂の半分くらいまできていて、避難してそれを見つめていた人たちの肩には雪が積もってきていました。

ラジオなどでは10m程度などといっていますが、
実際にきた津波は30mちかくあったのではないかと思います。


津波は清水の奥まで届いており、本当に見える場所すべてがのみ込まれていました。高台にある町立病院の1階まで水が押し寄せて、駐車場にあった車は全て巻き込まれていました。
逃げ遅れた方も多かったと思います。家の2階や、奥のほうに住んでいた方などは、安心しきっていたかもしれません。
全てがのみこまれていました。

津波が来ている最中も強い余震が続き、中学校のグラウンドも地割れがおき始めたため、総合体育館まで移動しました。
初めは体育館も窓ガラスが割れるなどの被害があったため閉鎖されており、小学生などは芝生の坂の上にテントをはり避難していました。
雪が強くなっていたので私は車の中で暖をとっていましたが、ガソリンがなくなりかけていたので体育館のほうへ向かいました。
私が向かったときにはすでに開放されており、入り口付近では掃除用具などを入れるロッカーを横に倒しそのなかで体育館にあったプラカードや椅子などを燃やし、火をおこしていました。
ケータイは圏外、電気もガスも水道もとまっていました。
自家発電で多少の明かりはありましたが、薄暗く、窓ガラスも割れているため冷たい風が室内にも吹いて、とても眠れる状況ではなく、毛布を持ち込んでいる人もいれば、私たちのように体ひとつで逃げてきた人たちも大勢いて、寒さでほとんどの人が眠れずにそれぞれが寄り添って被害状況の報告をし合っていました。

両親を探す人。
津波にのみ込まれ、泣く泣く親の手を放した女性。
妻が目の前で流されてしまった男性。
子供を失った人。
人が車ごとのみ込まれていくのを目の前でみてしまった人。
津波がひいた後、家族の死体を見つけた人。

様々な方がいました。
自分のことで精一杯で、目の前の「助けて」の声にも、こたえられないんです。

私も地震直後のまだ電波が届いていたときに母と弟とは連絡が取れていましたが、父とは連絡が取れず不安でたまりませんでした。
1日目は何も食べることが出来ませんでした。
一晩中余震が続いていました。

2日目、早朝に「玄関にお父さんが来ている!」と言われ、駆けつけると顔中傷だらけの父が立っていました。涙があふれました。
津波に遭遇しながらもなんとか逃げ切って隣の小学校で一夜を過ごし、私と祖母のために山を越えて体育館まで来てくれたそうです。

ほかに何人も他の避難所から体育館に次々と移動してきて、体育館は人があふれていました。

昼ごろに初めての配給があり、お椀に半分のスープを食べることが出来ました。具はほとんどありません。

昼間、父と津波が引いた後の町を見に行きました。
更地になっていました。そこら中瓦礫の山です。
自宅も会社もなくなっていました。というか、土台だけです。


アルバムに写真がアップしてあるので、見ていただければと思います。

夜になり、道の側溝の網を焚き火の上にかけて、そこで拾ってきた魚を焼いていました。
子供や老人が優先されていましたが、ほとんど早い者勝ちで、私は最後に運よく食べることが出来ましたが、食べられなかった方もいたと思います。
地震があってから、まともな食料をほとんど口にしていなかったので、本当に夢中で食いつきました。本当に涙が出そうでした。

避難所は悲惨でした。
町の生臭さと、人の息、煤のにおい。
もちろんトイレも仮設のもので、そのちかくで人がひしめき合っているんです。夜は足をのばすことも、寝返りをうつこともできません。家族と連絡が取れていない人がほとんどで、食べ物もなく、みんな苛立って。

女川を一通り歩いてきましたが、本当に酷い。
被害を受けたところは、もう跡形もありません。

その後、私と父はケータイの電波が届く地域まで避難することができ、そこで母たちと連絡を取り合って、祖母も迎えにいき家族5人全員で再会することが出来ました。

今は家族全員、仙台に避難しています。
居場所がある。毛布がある。寝るところがある。
これだけのことがこんなにも幸せなことなんだと実感しています。

仙台に避難してきた日、朝から何も食べておらず、
夜に暖かいお米を食べて、心から幸せだと思えました。

水が飲めるし、お米がたべられる、本当に幸せなことなんです。

しかし、仙台でさえ食べ物が不足しており、街中のひとが食料や水を求めてスーパーやコンビニに列をつくっています。
逃げようにも、ガソリンもありません。
流通も止まっているため、在庫がいつまでもつかも分かりません。

朝から食料集めで走り回っています。
仙台ではまだ電気も復旧せず、断水が続いている地域もありますが、
女川より、余程ましです。
困っているのは同じだし、同じように苦しんでいるのはあたりまえです。
被害の大きさで図るのは嫌だけど、だけどもっと酷い地域がある。

女川だけではありません。
もっと酷い地域があります。

人が沢山死んでいます。

飲み物も、食べ物もなくて、暖をとる手段もない。
助けの届かない孤立した地域です。

家族が誰一人欠けなかったこと、
私たちは本当に運がよかったんだと思います。奇跡です。
いま、暖かい寝場所があります。
食べ物も少量だけど何とか確保できています。

励ましのメールや電話が、本当に嬉しい。
本当に支えになっています。ありがとう。

みんなありがとう、心配してくれて。
もう言葉にできません。


宮城県民、とくに女川町の情報は私が知っている限りのことを伝えて生きたいと思います。
女川はいま、瓦礫の撤去作業も進められていて、女川の外に出ている人もいます。しかし、ほとんどの人はまだ体育館で生活していると思います。

メッセージください。
女川にいる家族のことでも親戚のことでも、知っている情報は全て差し上げます。


被災地の方、頑張りましょう。
いま、私たちには何もありません。
これからどうやって生活していけばいいかも分かりません。
すぐに助かる保障もありません。

先のことは何も見えないけれど、いま生きていることに感謝です。
そう考えて、いまは踏ん張るしかないんです。

家族との連絡が取れない方

被災地では、3ヶ月近くは連絡が取れないかもしれません。
だけど、絶対に無事な人もいます。
連絡がつかなくても、絶対にあきらめないでください。


http://monchiblog.exblog.jp/15669225/




津波から生き残る―その時までに知ってほしいこと

新品価格
¥1,575から
(2011/7/19 10:11時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 地震 生還 mixi 避難所 学校

津波被害、避難車の渋滞で拡大 「車で逃げるな」

 東日本大震災の地震直後、沿岸部各地では避難しようとするで渋滞が発生、立ち往生した多くの津波に襲われ、被害を大きくした。

 北海道・奥尻島が壊滅的打撃を受けた北海道南西沖地震(1993年)など過去にもで逃げた人が津波にのまれた例があり、津波避難ではを使わないよう呼び掛けていた自治体もあったが、惨事が繰り返された。

 「逃げろ、逃げろ」。3月11日の地震直後、宮城県石巻市の国道398号では激しい渋滞が発生。国道そばの小学校に自転で避難した市議庄司慈明さん(60)は動けないに呼び掛けた。窓を閉めて聞こえないのか、応じる車はなかった。

 必死に校舎2階に駆け上がり、助かった庄司さんは、多くの車が転倒しているのを見た。「これからは車で逃げないことを常識にしてほしい」

 宮城県名取市の閖上地区でも、海岸から市役所方面などに向かう県道に車が殺到。農業遠藤広美さん(48)は、家族が車3台に分かれて逃げた。渋滞にぶつかったが「車を置いていくのは嫌だ」。国道を逆走し、脇道から逃げて助かった。

 渋滞はほかにも岩手県大船渡市など各地で発生が確認されている。宮城県気仙沼市の菅原茂市長は「多くの住民が車ごと津波にのまれた。これまで車は使わずに高台へ逃げるよう呼び掛けてきたが、周知徹底できていなかった」と唇をかむ。

 車を捨てた判断が命を助けたケースも。名取市の遠藤さんの夫は車を降り、高架の高速道路に上がって無事だった。

 石巻市の会社員新田毅さん(42)は津波目撃後、車で高台を目指したが、渋滞を見て断念。付近の寺に車を捨て、落石防止ネットを7~8メートルはい上がって助かった。

 「車の方が早いと思ったが、そのまま目指したら死んでいた。考えるだけでぞっとする」。新田さんは身震いした。

 宮城県亘理町の民生委員、佐藤れい子さん(60)は、まず車で小学校に逃げた。車50~60台が停車していた。津波が迫るのを見た教職員が「車は置いて、歩いて避難してください」と誘導。足の悪い人だけが車に乗り、全員が難を逃れた。

 東北大の今村文彦教授(津波工学)は「渋滞を招くので、津波避難はできるだけ車を使わないのが原則。日ごろから渋滞が起きやすい地点などを把握しておくことが望ましい」としている。

2011/05/01 17:18 【共同通信

http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050101000460.html

闘う日本 東日本大震災1カ月の全記録

新品価格
¥1,365から
(2011/7/19 08:57時点)




テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 共同通信 スクラップ レポート 学校

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。