地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜になると寒さは増し、自分の着ている服が凍っていました。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区):2011/05/22(日) 10:47:05.71 ID:LMX2uzGo0
そろそろ気分が落ち着いたので書きます。
宮城県石巻市で津波被害に遭いました。


石巻から東部道路を仙台南に向かう途中地震を感じ、石巻の実家と実家にいる両親・嫁子供二人が心配になり南部道路とのジャンクション付近で石巻方向へ車をUターンさせました。
30分ぐらいで石巻に入ったのですが、大渋滞。仕方なく手前の石巻工業港インターで 下り、実家のある湊地区へ向かいました。どの道も海から逆方向の車線は大渋滞でした。
石巻大橋・うつみ橋は全く通れず、一番海沿いの日和大橋を使おうと思い大街道方面へ車を走らせました。
日和大橋は高さもあり、津波が来ても橋の上ならなんとかなるとの考えからでした。
うつみ橋から立町を通り、日本製紙横を抜け、大街道小学校近くの交差点を曲がり海へ出る、その時でした。
正面から真っ黒く上のほうがが白波となっている壁がこちらに向かってくるのが見えました。
海から逆方向へ向かい渋滞している車を次々と巻き込んでいき、どんどんこちらに近付いてきました。
後ろにも車がいたので、ハンドルを切り、歩道を必死にアクセル全開でバックしましたが、すぐに鈍い音と共に車が浮き、タイヤが空転してるのがわかりました。
そのままなすすべもなく流されました。あれほど心拍数が上がったこと、自分の鼓動が聞こえたことはいままでなかったと思います。意味もなく叫んでいた記憶があります。
窓も全く開かない。ドアも開かない。(今思えばドアはロックしてあっただけだと思う)
かなりの速さで流されている途中に、大型車が自分の車の助手席部分に突っ込んできました。
大きく破壊され助手席とフロントガラスが粉々に。今度はその破壊された部分から海水が入ってきました。
瞬く間に体が水に持って行かれ、車外へ放り出されました。水中を必死でもがき、なんとか水面へ顔を出すことができました。水面へ出ても咽てしまい咳と嗚咽が止まらず窒息しそうになりました。暫く流されていると、ちょうど流れが渦巻いている所に入りました。ふと上を見ると建物の窓からカーテンが垂れ下がっておりました。
私はそのカーテンをよじ登り、その建物に入って難を逃れました。

そこで一晩過ごすことになるのですが、あたりから「助けてくれ」「死にたくねー」と多数の声や子供の泣き叫ぶ声、女性の尋常じゃない絶叫が聞こえました。でも、どうすることもできませんでした。
夜になると寒さは増し、自分の着ている服が凍っていました。また、まわりからの声も一切聞こえなくなっていました。

嫁と子供二人は高台の幼稚園にいて無事。
母親は実家ごと流されました。二階の屋根に必死にしがみついて流され、鉄筋コンクリ建の団地に実家ごとぶつかった時、団地の人たちに助けられたそうです。実家の近所の人たちも二階へ逃げたららしいんですが同じように流され、近隣の知っている人だけでも30人近くがなくなりました。
父は女川町にいましたが、私と同じく車ごと津波にのまれました。
ですが、こちらも運よく山の木に引っ掛かり助かりました。

家族全員がそろったのはそれから6日後のことでした。

今回の震災で、親戚18人、友人6人、知り合い50人近くをなくしました。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区):2011/05/22(日) 11:05:07.94 ID:LMX2uzGo0
夜は
空が真っ赤に染まり大火事がこちらにせまってくるのも見えました。
津波で助かっても火事で死ぬのか・・・と、本当に絶望したのを覚えています。

あれ以来、私は神様仏様の存在を信じません。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。(チベット自治区):2011/05/22(日) 19:26:43.68 ID:LMX2uzGo0
>>57です。
その後何度も押し寄せる津波と余震、火の手で一睡もできませんでした。
翌朝、実家に向かうべく明るくなり始めてから行動を開始しました。
大街道方面は火の手が見えていたので、うつみ橋を渡って行こうと考えました。
遠くから見えるうつみ橋には、橋の上に家が流れ着いているように見え、また、舟も何隻か乗り上げてました。
なんとか瓦礫をかき分け橋に着くと、橋は家や舟や車、瓦礫に埋め尽くされてました。
かき分けながら進むと、ご遺体も複数見えいたたまれない思いでした。
昨日見た時は大渋滞でしたので、このありさまは本当にショックでした。
そのまま398号線を瓦礫をかき分けながら、腰まで海水につかりながら歩いていると、消防車が見えました。
「やっと救助活動が始まっているのか」と少し安堵しました。
が、期待もむなしく、消防車は横転していました。この時に「とんでもないことが起こっている」と 再度思いました。そのまま大門崎に差し掛かったあたりからは、本当に更地に近い風景が 広がっていました。以前は見えなかった所から小学校・中学校、海までもが見える。その怖さが半端なかったです。
途中、何メートルか上にある電線に引っ掛かってるご遺体や、手や頭など遺体の一部も目に入ってきます。
松並町あたりに差し掛かった時、見覚えのある車がありました。親戚の車でした。
しかし、それは大破しており、中に親戚一家5人の遺体がありました。3歳と2歳の子供もです。
涙が止まりませんでした。ふと、いやな思いがよぎります。自分の家族もこうなってしまっている。
寒い思いをしながらこうして放置されてしまっている。はやく暖かいところに移動させてあげないと。
「絶対戻ってくるから、もうすこしここでまってろよ」そう親戚一家に言い残し、その場を後にしました。398号を渡波方面へ、実家のほうへ進みました。途中泣き崩れる人、呆然とする人、 コンビニやスーパー、リカーショップから商品を持ち出す人等、いろいろな人の行動が垣間見れました。
親戚の車があった所から数十分歩いたでしょうか。自分の実家があった場所に着きました。
案の定、土台しか残ってませんでした。いい年をした大の男が本当に泣き崩れてしまいました。
実家の隣の人も様子を見に来たようで、2人で抱き合って泣いてしまいました。

その後、実家近くをいろいろ探しまわりましたが家族とは誰とも会うことはできませんでした。
夜になり、避難所になっているスーパーの屋上に入れてもらい、一夜を過ごしました。
避難所には怪我をして痛みでうなされている人もいまして一睡もできませんでした。

翌朝、実家の場所に行ってみると、仙台にいる筈の弟と再会。
その足で親戚一家が眠る場所へ案内し、また、自衛隊に遺体の搬出もお願いしました。
次の日幼稚園で嫁子供と再会、その次の日避難所で母と再会。
父とは3月の17日に親戚宅で再会しました。
みんながみんなバラバラに探しあっていたため、再会するのに時間がかかりました。

>>69
棺というか、ブルーシートを被せロープで縛り、一回の移動で
7から8体の遺体を自衛隊のトラックで運んでました。
道が悪いので凹みを通りすぎる瞬間遺体が一斉に跳ね上がるんですが
そのさまが本当にもう・・・ブルーシートに包まれた遺体の動きが
丸太でも包んで運んでるかのように見えました。



実は今でもあまり現実味がありません。


http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1305119025/57-58
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1305119025/72




大震災名言録―次の災害を乗り越えるための知恵

新品価格
¥580から
(2011/7/19 08:33時点)


スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 家族 2ch 3.11の夜

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。