地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波で大破し、鉄骨だけが残った防災対策庁舎

◎襲来の瞬間、悔恨の数こま/屋上まで津波「油断した」

 がれきの町に赤い鉄骨だけを残す3階の建物。宮城県南三陸町の防災対策庁舎は、津波の激しさと被害の大きさを物語る施設として、繰り返し報道されてきた。屋上に避難した町職員ら約30人のうち、助かったのはわずか10人という悲劇の現場。その屋上で男性職員は、庁舎が大津波にのまれる瞬間をカメラに収めていた。

 その時、南三陸町総務課の加藤信男さん(39)が構えたカメラの設定が正確ならば、3月11日午後3時34分だった。海岸から約500メートル離れた町防災対策庁舎を、巨大津波が直撃した。
 「『決定的瞬間』とか『決死のシャッター』だとか、ほめられた話じゃない。こんな所まで津波は来ないと油断し、逃げ遅れた。反省、後悔…。つらい写真です」
 激しい揺れが襲った時、隣接する木造の町役場1階にいた。当時は企画課で広報を担当して3年目。「何かあったらすぐ写真を撮る。それが習慣になっていた」。揺れが収まると、使い慣れた一眼レフカメラを手に取った。
 書類が散乱した役場内、屋外の様子。「どうせ津波が来ても1、2メートル。その時は防災庁舎に上がればいい」。そう思いながら撮影を続けた。
 「津波が来るぞ!」との声を聞き、加藤さんも庁舎屋上に上がった。
 レンズ越しに眼前に迫る津波を見ても「恐怖心はなかった」。波に足をすくわれ、われに返った。「まずい」

 その日は町議会の最終日だった。役場には佐藤仁町長や職員約40人、町議らがいた。地震後、佐藤町長や職員、町議の何人かが防災庁舎に向かった。
 防災庁舎2階の防災無線の放送室では、危機管理課の女性職員が高台への避難を繰り返し呼び掛けていた。
 津波が迫る。職員らが屋上に続く階段を続々と駆け上がった。間もなく、巨大津波が屋上をたたく。何人かは、そびえる無線アンテナにしがみついた。
 加藤さんは首から提げていたカメラを、とっさにジャンパーの内側に入れた。屋上を流され、やっとのことで外階段の手すりにつかまった。階段の手すりに背を向け、柵に左足を絡めた。
 津波の猛烈な流れに押され、体は腰を支点にエビぞりになった。体を起こそうにも水圧に勝てない。水位がどんどん上がる。顔が激流にさらされ、沈み、水を飲んだ。
 死を覚悟したとき、胸ぐらをつかまれた。
 「ほら頑張れ!」。そばで同じように津波に耐えていた副町長の遠藤健治さん(63)が、体を起こしてくれた。
 激流の中で遠藤さんの手が離れると、また潜った。「やっぱり駄目か」。諦めそうになると、遠藤さんがまた、胸ぐらをつかんで引き起こす。その繰り返し。生死の境を何度も行き来し、気付くと津波が引き始めた。

 翌日、骨だけの庁舎に絡んだ漁網などを伝って、がれきが重なる地上に下りた。しばらく体調がすぐれず、カメラを確かめたのは10日ほど後。本体は壊れていたが、データは無事だった。
 残っていた数十こまの写真には、犠牲になった上司や行方が分からない同僚の姿も写っていた。
 町は3月末、加藤さんが残した写真のうち6枚を、町のホームページで公開した。関係者らの心情に配慮し、人物が写っていないこまに限った。
 「みんなが真剣に津波防災に取り組む参考にしてほしい。写真は避難が遅れた証拠。見た人には『津波の時はまず避難』と思ってほしい」
 忘れたい出来事さえも伝え残さなければならない。加藤さんら助かった職員らは葛藤しながら、復興の前線に立ち続けている。
(大泉大介)

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/20110601_01.htm


スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 犠牲 レポート 河北新報 スクラップ 公務

「高台」「避難」の意味が分からなかった人が多かった。

 大震災では、大勢の外国人も被災した。警察庁によると、27日現在、死亡した外国人は29人。うち7割近い20人が宮城県内で亡くなった。震災発生直後、外国人が取った行動を調べると、運に加え、「日本語」「近所付き合い」「防災意識」の3点が生死を分けた要因として浮かび上がった。

◎「避難」言葉の壁厚く/隣人の存在、命運分ける

 「高台に避難してください」
 津波から多くの日本人の命を救った防災無線やラジオの呼び掛けが、宮城県南三陸町のフィリピン人にはほとんど理解されていなかった。
 35年前に来日した英語講師佐々木アメリアさん(57)は「心配していた通りになった」と表情を曇らせる。
 震災後、フィリピン人妻ら十数人に聞いたところ、「高台」「避難」の意味が分からなかった人が多かった。大半は日本人の夫と逃げたか、隣近所の日本人に促されて逃げ、一命を取り留めたが、女性(29)が津波で亡くなった。
 アメリアさんによると、女性は日常会話はできたものの、防災無線の日本語は聞き取れなかった可能性が高い。石巻市のスナック勤めで、南三陸町のフィリピン人社会や、隣近所との付き合いはほとんどなかった。「日本人の夫以外に、避難するよう教えてくれる隣人はいなかったはず」とアメリアさんはみる。
 流ちょうな日本語を話す千葉ジョイさん(44)は「私も『高台』『避難』の意味は分からなかった。『高い所に逃げて』と繰り返し言われれば、助かったかもしれない」と同胞の死を悼む。

 志津川中で避難生活を送る来日20年の小山ジュリエットさん(44)を救ったのは、防災無線を聞き取る日本語能力と夫からの電話だった。
 地震と停電で通話できないと思っていた携帯電話が午後3時10分すぎ、突然、鳴った。「大津波が来る。できるだけ高い所に逃げろ」。夫の宣広さん(42)だった。
 宣広さんは近海マグロはえ縄船の漁師。太平洋の沖合数十キロで津波をいち早くキャッチし、衛星電話で危機を知らせた。
 地震発生時、海沿いにある水産会社の加工場にいたジュリエットさんは防災無線に従い、既に指定避難所の志津川小へ向かっていた。途中、志津川保健センターにほど近い夫の実家に立ち寄った。
 直後、宣広さんから電話があった。忠告に従い、義父母と一緒に高台に逃げた。振り返ると「真っ黒な濁流が、数分前までいた小高い場所をのみ込んでいた」という。
 ジュリエットさんの友人の斎藤ジュリエットさん(44)は同じころ、日本人の夫と逃げた高台で、泣きながら上空を見上げていた。「この世が終わる。イエス・キリストが降臨する」と。

 あの時、中国・大連出身の広岡燕燕さん(37)は宮城県山元町の自宅にいた。海岸まで約1.2キロ。「地震が起きたら津波が来る。すぐ役場へ逃げて」。日本人の夫の口癖が頭に浮かんだ。
 サンダル履きのまま、3キロ以上離れた町役場を目指し、長女歩実さん(7)と自宅を飛び出した。道路はひび割れ、水が噴き出す。空は暗く、海岸から真っ黒い土煙が追い掛けてくる。
 津波の恐怖と闘いながら、十数分走り続けた。息も絶え絶えになり、道路に飛び出して白いワゴン車を止め、叫んだ。「娘だけでも」。ワタナベと名乗る男性が2人を乗せてくれた。
 津波は町役場の近くまで迫り、自宅1階は水に漬かっていた。
 「夫の口癖と、親切な日本人のおかげ」。山元町の仮設住宅で、燕燕さんは歩実さんの髪を優しくなでた。(山崎敦、片桐大介)

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/20110628_01.htm



テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 犠牲 レポート 外国人 避難 河北新報 スクラップ

せっかくだから、津波の話を聞いていって

保育士仲間の先生と共に、高台の避難所の保育園の園庭から津波の被害にあった街を見下ろす。
やはり言葉が見つからない。
家を失うこと、家族を失うこと・・・それも一瞬で。
当たり前の日常生活を送っていた中で・・・一体どれほどのことだろう。
私たち二人は、呆然と立ってその景色を見続けていました。
今の時代を生きていて、こんなに冷たく悲しい景色を見たことがありませんでした。
ここに来たんだから、多くの人に伝えなくちゃいけない、そう思って
景色を写真に残そうとしましたが、手が震えてしまいその日は撮ることができませんでした。

ちょうどそこに、一人の男性が通りかかりました。
避難所で生活されている男性で、
「そこが俺の家だよ。」
と、保育園の真下にある、一軒の家を指差して教えてくださいました。
「俺の家以外はみんな流された。どんなに基礎が立派でも、簡単に流れるものだ。」
と少し津波の話をしてくださいました。
保育園の下にある地区の方々は、ほとんどの方が行方不明になったり、
流されてしまったとのことで、
聞いていて心が痛いのも悲しいのも通り越していました。
行方不明になった方の中には幼い子どももいたし、
ここから流された遺体が仙台で発見されたという方もいたと聞きました。

私は、体験されたことに対して何と言って声をかけたらよいのか本当にわからず、
そしてうなづいて聞くこともできずに、ただ景色を眺め続けてあの日起こった出来事を想像していました。
仲間の保育士もじっと男性の話に耳を傾けているだけでした。

話が終わると、
「寒いから。もう中に入ろうか。」
と、男性は優しく声をかけてくださり、私たちは無言でみんなの待つ部屋へ戻りました。

私たちが男性と出会った話をすると、
ちょうど避難所の保育園の園長先生が
「せっかくだから、津波の話を聞いていって。」
と時間をくださいました。

私たちの部屋に、二人の男性が入ってきました。
一人は、先ほど園庭で出会った男性。
そしてもう一人は海のお仕事をされている男性でした。

海のお仕事をされているかたは、1年間いろいろな場所を航海をされていて、
1ヶ月だけ自宅に戻るという生活を続けてこられたそうです。
【海は生活の場だ。】
と何度もおっしゃっていました。

ちょうど3/11の日、
日本に戻ってくる1ヶ月間の最初の日で、朝8時に仙台港に到着したそうです。
そして、岩手県の自宅に戻って落ち着いて奥様とコーヒーを飲もうとした時に
大きな地震が起こったそうです。

岩手県では、ちょうど2~3日前にも同じくらい大きな地震があったそうですが、
その時はそれほど津波も大きくなく、その津波の速さ・高さのイメージを持ってしまった方々は逃げ遅れてしまったのではないかと言っていました。

男性はずっと日本にいないので、地震の大きさがどのくらいなのかよくわからなかったそうですが、奥様の様子で普通ではないことに気がつき、
高台にある保育園を目指して避難することにしたそうです。

津波の避難警報が鳴り、外に出ると
遠くの線路の向こうで海が1回引けるのを確認した。
その後、住宅地に向かって水柱が立ったのが見えた。
頭上、住宅の高さをはるかに超えていて、山の大きさの水柱が
どーんと立って、同じような大きな波が30分ごとに住宅地へ押し寄せた。
90歳、91歳、80歳の父母を連れて、とにかく高台へ逃げることに必死だった。
靴を履かせるのも一苦労だった。
目の前で、子どもや多くの知り合いが流されるのを見た。
中には自分の両親や子ども、家族を・・・流されるのを見た人も大勢いるだろう。
何もしてやれなくて、
ただ流されていくのを見送ることしかできなかった。
自分も波にのまれてしまった。
波にのまれながらも手を伸ばすと、そこにつかまる何かがあった。
どうやら木のようだ。とにかくはなさないようにその木につかまった。
運が良く、それが流木ではなくて保育園周辺に植えられていた木だったため、
水が引いてから、助けられた。」

そこで先ほど園庭でであった男性も話しだしました。
「こいつと俺は近所に住む幼なじみ。
俺の家は流されなかったが、二階の窓枠の上まで津波が押し寄せてきた。
自分の家族を二階に避難させて、自分も二階に上がったが、
目の高さまで津波がやってきた。
助けてほしいと窓の外を見ると、ちょうどこいつが木につかまっているのが
見えたんだよ。
でもお互いに、助けられる状況ではなかった。」

保育園に避難でされた方は、寒くて暗い夜を
体育館のカーテンや、園児の布団などにくるまって過ごしたとのことです。
どんなに不安だったでしょう。

「友達は、ガソリンを運ぶための車を運転していて地震にあって
そのまま燃えてしまった。
津波だけではなくて、火災も広範囲で起こった。
山田町の駅は、家事で燃えてしまって何もない。
爆撃で一発でやられてしまった。
山は一週間燃え続けた。」


津波、と聞くと私たちは透明な水、海の波のようなものを想像します。
しかしそうではなく、あの日の津波は
「黒い大きなかたまり」だったそうです。
それが頭上をはるか高く超えてだんだん大きくなって押し寄せてくる恐怖。


「保育園の園児の中にも、
津波にのまれてしまい呼吸停止になってしまったが、息を吹き返した子もいた。
まだ行方がわからない子もいる。」

「保育園で働いている皆さんに、覚えておいてほしいのは、
地震や災害が起こった時に、老人や子どもはわれわれと同じように
行動はできないということ。
その一瞬でどう人生が変わるのか、生きるか死ぬかは紙一重。」

「自分は長男なので、自分の家が流されたということで
親戚が集まるみんなの憩いの場所がなくなってしまった・・・
ということが悲しかった。
津波の被害があったけれど、この街と海が好き。またここに家を建てて
暮らしたい。」


「山田町はいいところだよ。
海と山がすばらしい。
魚も山のものも両方楽しめる。とてもおいしい。
美しい山田湾は、海の十和田湖と呼ばれている。」

「家や家族が流されて、失ったものは大きかったけれど
この震災で得たものもある。」

「それは、人々の優しさとありがたさ。
いろいろな地域の方が、この町のことを心配してくれて
いろいろな人が助けてくれる。
人間の優しさを感じているところです。
地震が来なければ気がつかなかった。」

「また、この保育園の避難所は、人当たりの良い女性の園長先生が
優しくリーダーシップをとってくださるおかげで
みんな元気に過ごせている、感謝している。」

お話してくださった男性二人は、真剣な表情の中に
優しい笑顔も見せてくれました。
聞いている私たちは、質問したいこともたくさんありましたが
ただただ涙しか出てこなくて、それを失礼なのかなと考える余裕もなく
聞いた話に反応する自分の体に任せるままでした。

とても貴重なお話を聞かせていただき、男性二人が部屋を出て行ってからも
いろいろな思いで皆胸がいっぱいになっていました。
テレビで見ていて、知っていたはずなのに・・・。
実際はもっと恐ろしい出来事だったということが伝わりました。

そして、そのような経験をされてもなお、
この街の人々が私たちに優しく話しかけてくれたこと。
避難所の保育士の先生方や園長先生の笑顔が
どれだけ多くの人の勇気になっているのだろうかということを考えました。
自分が辛い思いをしている時に、笑顔を見せられるだろうか。
自分が大変な思いをしている時に、自分以外の他の人のことを
思いやることができるだろうか。


そんなことを考えながら、
再びカーテンを開けて、窓の外に広がる瓦礫に変わってしまった街を
眺めてから、寝袋に入って眠りました。

http://blog.livedoor.jp/cavk-love/archives/52198147.html


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 ブログ レポート 避難所

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。