地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怖い、怖い」泣きじゃくる園児30人、救った背中 大槌保育園

 女性保育士とスーパーの従業員らは、四つんばいでしかはい上がれない急斜面を園児30人を背負って駆け上がった。東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県大槌町の大槌保育園。園舎も避難場所も津波に襲われたが、保育士らの必死の避難で園児を守った。

 八木沢弓美子園長(45)によると、地震発生時は昼寝が終わったばかり。園児約100人はパジャマのまま防災ずきんをかぶり外に出た。向かったのは国道沿いの小高い丘にあるコンビニ。町の指定避難所は空き地で寒さをしのぐ建物がない。保育園は、津波浸水想定区域のぎりぎり外にあるこのコンビニを独自の避難場所と決めていた。

 八木沢さんはコンビニ店内で、迎えに来た親に園児のうち約70人を引き渡し、外を見た。「家の屋根をたくさん浮かべた高い波」が迫ってきた。「怖い、怖い」と泣きじゃくる園児ら。覚悟を決めた。「山に逃げよう。先生のそばにいれば大丈夫」

 国道は市街地から逃げる人や車で大渋滞。八木沢さんらは、1歳から年長まで残っていた園児30人を散歩用の台車に乗せて車道を駆け上がり約300メートル先の山のふもとへ。近くのスーパー従業員約30人も避難していた。

 さらに津波が迫ってきた。もう考えているひまはなかった。目の前には30度を超えるような急斜面。でも登るしかない。八木沢さんら女性保育士20人と男性保育士1人、さらにスーパー従業員の男女が手分けして園児をおんぶし、斜面に張り付くように四つんばいになって、切り株や木に手をかけて登り始めた。上へ、上へ。

 必死だった。登りながら振り返った。大槌湾から押し寄せる波が、コンビニと園舎、指定避難所の空き地に向かう道路をのみこんでいった。

 山頂は雪。眼下で火事も起きていた。山頂まで何分かかったか覚えていない。20分だったか、30分だったか…。

 気持ちが落ち着いたら、山頂からふもとにつながる細い山道があることに気付いた。歩いてふもとに下りたのは真夜中だった。

 コンビニで親に引き渡した園児のうち9人が、死亡または行方不明になっていた。最後に引き渡した女児は、乗用車の中で防災ずきんをかぶった姿のまま遺体で見つかった。

 「あそこで引き渡さなければ、あの子は助かったんだろうか」。八木沢さんは保育士を辞めようと思い詰めたが、保護者の声に支えられ保育園再開のために汗を流そうと決めた。亡くなった子供や親の分まで、自分にできることを精いっぱいやるつもりだ。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110405/dst11040510020021-n1.htm



スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 子供 幼稚園・保育園 産経 スクラップ 救助 非難 生還 犠牲

発泡スチロールで「九死に一生」 陸前高田市の大津波被害

 大津波による濁流の直撃を受け、廃墟(はいきょ)と化した陸前高田市。津波から逃げ遅れながらも、九死に一生を得た人もいた。

 沿岸部から約1キロの同市米崎町の菅野照子さん(66)は地震発生直後、海の方から3メートルほどの高さの津波が目に飛び込んできた。慌てて2階に上がったものの、階段から海水が噴き上がってくる。窓を見ると民家や車が次々と流されている。

 さらに天井裏に逃れたが、いよいよ自身も海水に流されたため、発泡スチロールのようなものにしがみついた。恐怖と寒さを感じつつ、海水に揺られ続けていると、地に足がついたという。

 「『もうだめだ』と思ったけど、生きることができたのは、周りの人の『(津波が)来たぞー、逃げろー』という声に勇気付けられたから」と振り返った。

 大津波に押し流され、住宅街だったはずのがれきだらけの一帯を呆然(ぼうぜん)と見つめていたのは、40歳くらいの男性。「アパートに1人残してきたから…」と憔悴(しょうすい)しきった様子。スキーのストックを手に、がれきの中を探しに来たというが、「どこが自分のアパートかさえ分からない。まるで原爆の写真のようだ」とつぶやいた。

 この一帯では、前日に続き、地元消防団の団員が、遺体の捜索活動を続けた。がれきの下や横転したトラックの中には、いまだ多数の遺体が収容されないでいる。団員たちは、やりきれない表情で、黙々と作業にあたっていた。

 沿岸部から約2キロの高台にある市立第1中学校には、家を流されるなどした人たち約1400人が避難。体育館には、避難している人の名前が張り出され、心配そうに安否確認に訪れる人が後を絶たない。1台だけ設置された衛星携帯には、多くの人が列をなしたが、相手側の原因でつながらないケースが少なくなかった。

 避難していた村上与四郎さん(80)と妻のフヨさん(81)は、発生直後に避難した市役所が、津波の被害を受け、防災ヘリで避難してきたという。フヨさんは「食事の配給もぎりぎり足りているが、とにかく寒い。何もいらないから暖かいところで寝たい」と、切実に語った。

 妻と一緒に避難している菅原康さん(78)は沿岸部から2キロ以上にも及んだ大津波について、「陸前高田では、津波は海から数百メートルの大船渡線までしか来ないという通説があったから、逃げ遅れる人がたくさんいたのではないか」とし、「着の身着のまま逃げてきたので防寒具がほしい。それと家族に一刻も早く無事を伝えたい」と話していた。

2011.3.13 15:04
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110313/dst11031315050060-n1.htm


親子のための地震安全マニュアル―家庭で備える地震対策最新情報!

新品価格
¥1,000から
(2011/7/21 16:01時点)



津波から生き残る―その時までに知ってほしいこと

新品価格
¥1,575から
(2011/7/19 10:11時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 レポート スクラップ 産経 避難所

屋根のくぎに手のひら押しつけ…漂流6時間「生きだのがよかったか、わがんねえ」

 津波にさらわれた2階、自らが流されないように男性は屋根のくぎに手のひらを打ち付けた。東日本大震災の大津波で、多くの住宅が波にのまれた仙台市宮城野区。男性は凍える濁流を6時間、約1キロにわたり漂流し、助かった。「生きだのが本当によかったか、わがんねえ」。すべてを流された男性は先祖の位牌(いはい)を捜している。 渡辺勝敏さん(67)は地震発生時、友人と車で宮城県多賀城市内を走っていた。大きな揺れに自宅の家族を心配し、迎えに。途中で近所の人の車で避難する家族とすれ違ったが、気づかなかった。

 自宅に着くと、「バリバリバリーッとものすごい音」がした。2階に上がって、窓からながめると、真っ黒い津波が来ていた。「2階なのに、見上げるくらいの波よ。ドーッと当だって、すごい勢いで天井から10センチぐらいまで水が上がってきた。そこから顔を出して息をしてた。上まで水が来る、と思ったから、2階のサッシを足で蹴って壊したら、波がそっちさ流れて20センチくらいの隙間になった」

 自宅は住宅街から離れた場所で、周囲に家がなかったため津波が直撃。勢いで渡辺さんがいる2階だけが波に流された。

 「住宅街にいたら、ほかの家にぶつかって、生きられながったと思う。『俺、死ぬんだ』って思ったら、不思議と怖くはながったね。こんな波に持ってがれてたまっか、って思って、無性に悔しがったね」

 流された2階で水に漬かりながら壁づたいに外へ出た。つかまる場所を探して、屋根の方を見ると、くぎが1本、柱のようなところから出ている。右手で屋根を抱えるようにして、左の手のひらを押しつけるようにしてくぎに刺し、抜けないようにした。

 「そのまま手を下に曲げてさ、手にくぎがひっかかるようによ。つかまるところがないのだもの。流されると思ったからねえ。異常な精神状態だったんだねえ。そのまま6時間ぐらいか、大体1キロぐらいは流されでいったように思う」

 凍るような水の中、必死に屋根にしがみついた。

 「人が流れでくの助けられながった。何人も、何人も、波から顔出して、『助けでー、助けでー』って言いながら(波に)運ばれでった。俺は手をくぎに刺してだし、右手もつかまってだがら、どうしようもながった。あの人たちはみんな、だめだったろうね」

 雪が降ってきた。凍えるような寒さの中、徐々に意識を失っていった。その後、自衛隊に救助され、気づいたときには病院にいた。手の傷も癒え、すべてが流された今、せめてもの思いで、先祖の位牌を捜し求めている。

 「生きられでよかったね、なんて言われるけんとも、そうなのかもしんねえけんとも…わがんねえよ、今になってみっと。もう今は何にもないのだもの。先祖の位牌すらねえ。悔しいね。このことは、まるで夢物語よ」(渡辺陽子)

2011.5.20 01:00
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110520/dst11052001010001-n2.htm

闘う日本 東日本大震災1カ月の全記録

新品価格
¥1,365から
(2011/7/18 20:47時点)



がれきの中で本当にあったこと わが子と語る東日本大震災

新品価格
¥1,260から
(2011/7/18 20:47時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 高齢者 生還 住宅 産経 スクラップ

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。