地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高台」「避難」の意味が分からなかった人が多かった。

 大震災では、大勢の外国人も被災した。警察庁によると、27日現在、死亡した外国人は29人。うち7割近い20人が宮城県内で亡くなった。震災発生直後、外国人が取った行動を調べると、運に加え、「日本語」「近所付き合い」「防災意識」の3点が生死を分けた要因として浮かび上がった。

◎「避難」言葉の壁厚く/隣人の存在、命運分ける

 「高台に避難してください」
 津波から多くの日本人の命を救った防災無線やラジオの呼び掛けが、宮城県南三陸町のフィリピン人にはほとんど理解されていなかった。
 35年前に来日した英語講師佐々木アメリアさん(57)は「心配していた通りになった」と表情を曇らせる。
 震災後、フィリピン人妻ら十数人に聞いたところ、「高台」「避難」の意味が分からなかった人が多かった。大半は日本人の夫と逃げたか、隣近所の日本人に促されて逃げ、一命を取り留めたが、女性(29)が津波で亡くなった。
 アメリアさんによると、女性は日常会話はできたものの、防災無線の日本語は聞き取れなかった可能性が高い。石巻市のスナック勤めで、南三陸町のフィリピン人社会や、隣近所との付き合いはほとんどなかった。「日本人の夫以外に、避難するよう教えてくれる隣人はいなかったはず」とアメリアさんはみる。
 流ちょうな日本語を話す千葉ジョイさん(44)は「私も『高台』『避難』の意味は分からなかった。『高い所に逃げて』と繰り返し言われれば、助かったかもしれない」と同胞の死を悼む。

 志津川中で避難生活を送る来日20年の小山ジュリエットさん(44)を救ったのは、防災無線を聞き取る日本語能力と夫からの電話だった。
 地震と停電で通話できないと思っていた携帯電話が午後3時10分すぎ、突然、鳴った。「大津波が来る。できるだけ高い所に逃げろ」。夫の宣広さん(42)だった。
 宣広さんは近海マグロはえ縄船の漁師。太平洋の沖合数十キロで津波をいち早くキャッチし、衛星電話で危機を知らせた。
 地震発生時、海沿いにある水産会社の加工場にいたジュリエットさんは防災無線に従い、既に指定避難所の志津川小へ向かっていた。途中、志津川保健センターにほど近い夫の実家に立ち寄った。
 直後、宣広さんから電話があった。忠告に従い、義父母と一緒に高台に逃げた。振り返ると「真っ黒な濁流が、数分前までいた小高い場所をのみ込んでいた」という。
 ジュリエットさんの友人の斎藤ジュリエットさん(44)は同じころ、日本人の夫と逃げた高台で、泣きながら上空を見上げていた。「この世が終わる。イエス・キリストが降臨する」と。

 あの時、中国・大連出身の広岡燕燕さん(37)は宮城県山元町の自宅にいた。海岸まで約1.2キロ。「地震が起きたら津波が来る。すぐ役場へ逃げて」。日本人の夫の口癖が頭に浮かんだ。
 サンダル履きのまま、3キロ以上離れた町役場を目指し、長女歩実さん(7)と自宅を飛び出した。道路はひび割れ、水が噴き出す。空は暗く、海岸から真っ黒い土煙が追い掛けてくる。
 津波の恐怖と闘いながら、十数分走り続けた。息も絶え絶えになり、道路に飛び出して白いワゴン車を止め、叫んだ。「娘だけでも」。ワタナベと名乗る男性が2人を乗せてくれた。
 津波は町役場の近くまで迫り、自宅1階は水に漬かっていた。
 「夫の口癖と、親切な日本人のおかげ」。山元町の仮設住宅で、燕燕さんは歩実さんの髪を優しくなでた。(山崎敦、片桐大介)

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/20110628_01.htm



スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 犠牲 レポート 外国人 避難 河北新報 スクラップ

大震災と保育現場

 乳幼児を含む大勢の子どもたちを預かる保育所は災害時、より大きな危険にさらされる。保護者は働いているため、すぐ保育所に駆け付けることは難しい。東日本大震災で、保育士らはいかにして子どもを守ったのか。予期せぬ大災害に対して、保育現場は何をどう備えればいいのか。仙台市と周辺市町で検証した。(夕刊編集部・横山寛)

◎状況に応じ素早く判断

<染み込んだ危機感>
 「車を持ってきてください」「閖上小学校で会いましょう」
 3月11日、漁港にほど近い名取市閖上の閖上保育所。大地震後の余震が続く中、所長の佐竹悦子さん(59)は保育士ら10人の職員に大きな声で避難を指示した。
 津波に関する情報はなかった。だが経験したことがないほど大きく長い揺れだったため、すぐ避難しないと手遅れになると佐竹さんは直感した。
 職員は保育所の庭に一時避難させた子ども54人を次々にマイカーに乗せた。子どもが15人も乗ったワゴン車もあった。
 大津波が閖上に襲来したとみられるのは地震発生から約1時間後。保育所から約3キロ離れた閖上小の3階に避難した後だった。押し寄せる真っ黒い水が次々に家や車を飲み込むのを、佐竹さんは閉めたカーテンのすき間から目撃した。
 「高台もビルもない閖上地区では徒歩、しかも子ども連れでは津波から逃げられない。『大地震の時は車に子どもを乗せて閖上小に行く』というのが保育所の約束事でした」と佐竹さんは語る。
 海抜0メートルである閖上の人たちは津波に対する危機感が強い。保育所の職員らは、毎年初夏のころに行われる閖上地区の防災訓練に参加していた。
 「訓練で体に危機感を染み込ませることができたからこそ、全員無事という結果につながった。参加していなかったら、どうなっていたか…」と佐竹さんは震えるような声で振り返る。

<周囲に協力求める>
 仙台市中心部、ビル内にある保育所も大きな不安に駆られた。
 ビル2階にある保育所「こどもの家エミール」(青葉区二日町)。震災時、0~5歳の子ども33人に対し、保育士は9人だった。
 エレベーターは止まっている。余震が続く中、子どもに階段を歩かせることはできない。保育士らは窓を開け、「避難に協力してください」と叫んだ。近所の人や通行人らが子どもを抱いてビルの外に連れ出した。
 指定避難場所は約300メートル西にある木町通小。向かうのも選択肢の一つだったが、雑踏で子どもを見失う危険性もあったため断念。保育所が入るビルの隣の空き地に集まった。
 「ブルーシートを敷き、子どもを布団や毛布にくるむなどして保護者が迎えに来るのを待ちました」と園長の三浦君子さん(64)は言う。

<「次」見越して備え>
 多くの保育所は地震や火事などに対する避難訓練を実施している。とはいえ、今回のような震災規模は想定していないのも事実。地震活動はまだ活発に続いている。防波堤が損壊した現在、地盤沈下した沿岸部では小さな津波さえ脅威になりうる。「次」を見越した備えは必要だ。
 仙台市消防局の地震防災アドバイザー山田耕太郎さんは「津波から逃れるためには海からの距離よりも高さが重要。閖上のケースは仕方ないが、車は渋滞に巻き込まれる可能性があるので避けるべきだ」と指摘。
 地震については「耐震性がある建物なら屋内にとどまった方がいい。耐震性に自信がないときは、あらかじめ落下物が来ないであろう避難場所と避難経路を調べておいてほしい」と事前準備の重要性を強調する。


http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110513_22.htm


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 レポート 河北新報 スクラップ 避難 子供 幼稚園・保育園 保育所

地震、津波、そのとき子供達の避難

うちのチビ二人は、年中と年少の保育園児です。
海岸から数十メートル。

地震発生時はちょうどお昼寝の時間でした。
保育園には約120名の園児がいました。

僕は地震発生時、会社ではなく町内にいて、すぐに自宅に戻り長男と妻、両親の安全を確認できました。残りはチビ二人。
地震発生から15分程度経ったいたでしょうか。まだ町内には津波に関する防災放送は入っていませんでした。
クルマで保育園に向かい、園庭に入って見るともぬけの殻。どこかに避難しているんだと思い、町役場の方を見ると町のバスに乗り込む園児達の姿を見ることができました。
その直後、園長と話が出来、高台に避難するとの事でした。

いったん家に戻り、避難場所へチビ達を迎えに行き、お昼寝のパジャマ姿の二人を見つけることができました。

その頃には保育園のまわりは4.6mの津波に襲われていた思います。
バスの停まっていたところは、乗用車が流れている映像がニュースで放送されていました。

冷静に対応された保育園の先生方と町の連携で子供達は全員無事でした。

あとで聞くと、先生達のクルマはみんな津波で流されてしまったようでした。

後日保育所の片付けの手伝いに行きましたが、建物の外側には約60cmの高さで水の跡がついていました。保育所の中は園長が最後に戸締まりをしてくれたそうで、数センチの水が入った程度でした。
みんなで掃除し、消毒をして23日には保育園が復旧するとのことでした。

先生達には子供達の命を救って頂き、感謝してもしきれないぐらいです。

被災地の一日も早い復興をお祈りしています。


http://minkara.carview.co.jp/userid/284155/blog/21821395/


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 子供 避難 ブログ 幼稚園・保育園

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。