地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災発生一ヶ月

今日で、忌まわしき大震災発生から一ヶ月になった。地震発生時刻の14時46分 全県民で黙祷するとこの呼びかけがあった。
私は、同時刻に葬儀に参列していた。 津波にさらわれ一命を奪われた、同級生を弔う為に。

彼は殉職警察官となってしまった。警部補として、第一線で活躍していた、という。 

非番中に津波警報の一報を聴き、宮古署に向かい、担当区域を確認して出動。 区域内の住民に避難の呼びかけを行う。 津波が襲ってきたその時、逃げることも出来たそうだが、けが人
乗せた救急車が立ち往生していて、助けを求められ救助に行っている最中に津波に呑み込まれた。
両親などの懸命の捜索で4日にようやく瓦礫の下から無線機を手にしたままの姿で遺体が発見された、という。
職務を最後まで果たしたのだ、と思った。 
将に殉死である。 涙が止まらない。

彼とは、中学校の同級生。 入学してその大きな体が一際目立つ男だった。 優に100キロを超える体重で柔道部所属。 しかし、心優しい男だった。 「気は優しくて力持ち」の典型だった。

只々、職務を忠実果たし、その延長で命を賭けた同級生に心から敬意を表したいと思った。
ご冥福をお祈りするばかりであります。

ご葬儀の最中にふと思った。
「己は職務の延長線で命を賭す覚悟ありや無しや」と。

弔問者用の焼香台でなく、中学生時代の面影を残しつつも、立派な警官の制服を身に纏ったご遺影の前に進みお別れを言った。

彼は一人息子。 あまりにも惨い。

昨日は、統一地方選挙の前半戦があった。 被災県以外で結果が出た。
しかし、「選挙」についてコメントする心境にならない。 

復興は大事であり、過度な自粛は慎まねばならないが、心を引き裂かれている人々が多数いらっしゃることに思いを致さねばならない、とも思った。

http://blogs.yahoo.co.jp/a24_oikawa/11843297.html





スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 救助 犠牲 警察官 ブログ

愛犬、83歳女性救う…散歩コースと逆の高台へ

 東日本巨大地震による大津波で壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市で、愛に命を助けられた女性がいる。

 津波襲来までの30分間、愛は興奮した様子で女性を高台にぐんぐん引っ張り、安全な避難所に導いた。

 女性は、海岸から約200メートルの同市田老川向
たろうかわむかい
に住んでいた赤沼タミさん(83)。メスのシーズー「バブ」と自宅の居間でくつろいでいるときに地震に襲われた。蛍光灯が消えると、バブはせわしなく走り回り、尾を強く振って鼻をクンクン鳴らしたという。

 赤沼さんが「散歩の時間にはまだ早いのに」と思いながら、玄関先で首にリードをつけていると、防災無線が大津波警報の発令を知らせていた。

 田老地区で900人以上の死者・行方不明者が出た1933年の昭和三陸地震を体験した赤沼さんが「避難しなきゃ」と玄関を開けると、バブも勢いよく飛び出し、いつもの散歩コースと逆の高台へ向かった。

 赤沼さんの歩みが緩むと、バブは振り返って歩みを促すようなしぐさを見せ、追いつくと勢いよく前へ出た。それを繰り返すうちに、自宅から約1キロ離れた避難所への急坂を一気に上りきっていた。

 振り返ると、歩いてきた道は津波にのみこまれ、自宅も濁流の中に。普段は散歩も嫌がるバブの行動に、赤沼さんは「津波を予知してたのかも」と不思議がる。

 バブは今、近隣地区の集会場で赤沼さんら住民約60人と避難生活を送る。12歳の誕生日にあたる23日には、お気に入りのピンクの服を洗ってもらい、うれしそうなしぐさを見せたという。(浅見徹)

(2011年3月26日13時57分 読売新聞)

読売新聞特別縮刷版 東日本大震災 1か月の記録

新品価格
¥1,470から
(2011/7/18 20:34時点)



東日本大震災―読売新聞報道写真集

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 20:34時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 読売 スクラップ

命つなぐ、それが使命…宮古病院、出産・難病の子助かる

 津波で市街地が壊滅した岩手県宮古市の岩手県立宮古病院(109床、菅野千治院長)では、津波による骨折やずぶぬれの服で夜を過ごして低体温症になった人、妊娠した女性、難病の子ども、透析が必要なお年寄りなどが命をつないでいる。地震発生後、2人が無事出産し、明日への希望をつないだ。 11日の津波の後、妊婦数人が運ばれてきた。このうち宮古市の女性は、11日午後6時17分、女児を出産した。12日午前6時57分には、東京から里帰り出産で宮古市の実家に戻っていた小林友香さんが女児を出産した。産婦人科医は「津波があって不安がっていたけど、元気な赤ちゃんが生まれてきてよかった」と話した。菅野院長も「こういう時に明るい話題でうれしい」と語った。

 難病の男児も運ばれて来ている。宮古湾に面した同市光岸地のアパートで母親の真美さん(40)と暮らしていた井上雄智(かつとも)くん(1)は、腸や肺に先天性の難病を抱え、2度の大手術を乗り越えてきた。ミルクの誤飲を防ぐため、授乳後は吸引などが必要だ。その母子に大津波が襲いかかった。

 真美さんは逃げる途中の家で、さらしとバスタオルを借りて子どもを自分の体にくくりつけ、竹やぶの斜面をはい上がり、山腹を走る国道に出た。

 友人の車が通りかかり、宮古病院にたどり着けた。「逃げる瞬間、津波が襲ってくるのが見えた」「昨年の4月に母親が亡くなり、またこんなことが起きた。けど、息子と一緒に逃げられたのは母が見守ってくれていたおかげ」。母親と医療関係者に見守られ、小さな命は守られた。

 義母が入院していた女性は、離ればなれになっていた夫とも、病院で再会でき、無事を喜んだ。女性は「おばあちゃんが入院していたので、ここで会えると思った」と、待合室のソファでつぶやいた。

 糖尿病の患者は血糖値を下げるため、日常的にインスリン薬が必要だが、自宅から持ち出せず、家族に肩をかかえられながら病院にたどり着き、車いすに崩れ込んでいた。

 病院は、宮古市の中心街から車で30分ほどあがった高台にある。医師や看護師に加え、青森、秋田、長野、新潟の各県から駆け付けたDMAT(災害派遣医療チーム)が被災初日の昼ごろから次々と合流した。入り口では、看護師や救急隊員が災害医療で救命効果を上げるために行う重傷度の選別(トリアージ)を行っている。

 重傷患者の大半は、津波で逃げる間の骨折や、流木で打撲した人が多い。水にぬれ、夜は冷えて着替えられず、低体温症になって運ばれている人も多くいる。日常的に専門の病院で人工透析を行わないと生きていけない患者もいる。これができる宮古市や山田町の医療機関は壊滅し、この地域で人工透析できる医療機器は県立宮古病院の9台しかない。透析患者を盛岡市内の病院に広域搬送し始めた。軽傷患者は応急手当てをして避難所に移動している。

 医師の一人は、「地震があった1日目は『何でこんなに患者がこないのか』と不思議に思っていたら、12日未明ごろからどっと骨折や低体温症の重傷(重症)患者が運び込まれてきた」と振り返った。

 非常電源を使って治療が続けられていたが、12日午後9時半、電気が回復した際は、「電気が……」「感動した。感動した」と、医療関係者や住民から少しばかりの笑みが漏れた。

 ベッドは109床ある。医師や看護師の態勢も整った。だが、入院患者は60人ほど。病院に運ばれたものの死亡が確認されたのは13日朝現在、3人しかいないという。

 3日目の13日になると、病院に救急車で患者が運ばれてくるのは1時間に1回ぐらいに減った。医師らは「もっといっぱいいるはずなのに……」「医療態勢は訓練しているのでうまくいっているが、携帯電話がつながらず、救急隊を呼ぶことができない人もいるのがつらい」と。

 同病院の看護師の一人は、こういう。「自分の家がどうなっているか分からない。けど、こういう時、働くのが使命だから」。患者に不安を与えないよう笑みで答えていた。(森本未紀)


2011年3月13日
http://www.asahi.com/health/news/TKY201103130073.html?ref=recc

東日本大震災100人の証言 2011年 4/10号 [雑誌]

中古価格
¥430から
(2011/7/19 09:08時点)



実録コミック2011.3.11東日本大震災生死の現場から (週刊朝日臨時増刊) 2011年 7/5号 [雑誌]

新品価格
¥500から
(2011/7/18 20:30時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: スクラップ 生還 希望 赤ちゃん 朝日

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。