地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロフトに閉じ込められ…足元には水

 襲ってきた津波で、隣接していた店舗と自宅は一瞬で引きはがされ、別々に流されてしまった。
 地震発生時、気仙沼市の料理屋「浜の家」の女将、治美さんは車の中。ジェットコースターのような揺れに怯えた。
 帰宅して自宅前で隣の奥さんと話していると、ガァッ~とコンクリートを削るような音がしてくる。“何でブルドーザーが…”。と、20メートルくらい離れたところにガレキと波がやってきた。
 道路にいる隣の旦那さんと、こちらを向いている奥さんはまったく気づいていない。
「奥さん、津波! 逃げるよ」
「ズックはいたまま!」
 咄嗟に叫ぶと店舗2階に駆け上がり、通路をわたって自宅2階に移動した。しかし、水位はあっという間に2階に達した。息子の部屋になっているロフト(3階部分)に逃げ込んだ。
 6畳ほどの空間に隣の奥さんと閉じ込められた格好だった。しばらくして外を見たらガレキになっている。
 夫の信通さん同様、建物が流された感覚はなかったが、家の近くにないはずのガソリンスタンドや船まで見えた。
 “あれっ、お父さん、来ない?”
 通路は一瞬にして壊れ、夫の信通さんは店舗2階に残ったままだった。携帯電話は通じない。
“死んだな。もう終わりだな”
 幸い、携帯とショートメールで、先に避難した息子と義母、病院で研修中の娘は無事だったことがわかった。“娘が帰ってくるかもしれないから、ここにいようか”と思ったりもした。
 バッテリーが少なくなってきた。「消防団員に助けに来るよう言って」と頼んだものの、「そこまで行けない。自力で来いって言ってる」という。自分たち以外の状況を知るよしもないが、周囲の惨状から、ただ事ではないことはわかる。

 “無理だ。暗いし、水だし、ガレキだし。じゃあいい。朝まで待とう。明るくなったら叫ぼう”

 だんだん暗くなる。寒かったが息子のベッド布団があった。真っ暗の中で火事が起きている。余震で揺れる。何より怖かったのは、足元で上下する水面だ。携帯の明かりを使って覗くと、あと1メートルまで来ていた。
 《もう上まで水がきてる ばあちゃんと子供達宜しく》(原文のまま)義姉にメールを送った。
 友人たちには《出合えて幸せだった》とメールを送った。
 ただ、泣くという状態ではなかった。空腹も感じなかった。隣の奥さんが持っていたあめ玉を分け合った。
 翌朝、明るくなって2階から水が引いてきたことがわかった。部屋にあったオモチャの望遠鏡を覗くと、山手の方に人影があった。本でメガホンを作って叫ぶと、「今、助けに行くから待ってろ」と叫んでいるのが聞こえた。
 距離は遠く、火災の煙でモヤっていたが、他の音がしない。生活音がまったくしないので聞こえるのだ。
 ヘリコプターが通り過ぎる度に、持っていたオレンジ色のカバンを振って助けを求めたが、一向に助けは来ない。
 近くにもう1組、壊れかけた家で助けを求める人たちがいた。
「頑張って~」
 今でも誰だかわからないが、声を掛けて励まし合った。そのうち声が帰って来なくなった。助けられたのか。
 夕方、水が引いてきて、やっと消防団員が助けに来てくれた。大船渡線の線路まで連れてってくれた。道路はガレキの中。線路自体は所々流されていたが、市役所や避難所に通じる唯一の交通手段だった。(高見修次)


http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110712/dms1107120946005-n1.htm


がれきの中で本当にあったこと わが子と語る東日本大震災

新品価格
¥1,260から
(2011/7/18 20:47時点)


スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 家の中 スクラップ

海とは逆方向なのに、津波が来たことにも驚きました

 地震が起きたときは、気仙沼市内のショッピングセンターにいました。揺れが収まった後、同居する中学生の孫が心配で、を走らせました。海岸に平行する道路は渋滞し、前方の海辺の街は既に水に漬かっていました。
 内陸の登米市方向に進路を変えました。高台にある本吉駅を通り過ぎて坂を下りると、トラックの運転手に、引き返すように促されました。来た道を戻って振り返ると、見下ろした先に、大量の茶色の水が押し寄せて来ました。
 ゴーという地鳴りのような音とともに、家、、木材、牛が次々と流されてきました。津波の色はだんだん濃くなり、最後は真っ黒でした。
 海とは逆方向なのに、津波が来たことにも驚きました。少しタイミングが違ったら、自分も津波にのまれたかもしれないと思うと、急に怖くなり、腰が抜けました。
 駅の隣のコミュニティーセンターで一夜を過ごし、翌日、で山道を通って自宅を目指しました。不安でしたが、出会う人に励まされたり、助けられたりして、日没前に帰宅できました。
 孫は私の生きがいです。避難所で再会できて、ほっとしました。


2011年06月24日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1074/20110624_01.htm


津波から生き残る―その時までに知ってほしいこと

新品価格
¥1,575から
(2011/7/19 10:11時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 スクラップ 河北新報

海や津波を恨んでいる人はいない。

(前略)
 6月13日、NHKラジオ深夜便に気仙沼でカキ養殖をされている畠山さんという方が、3.11大津波の体験を語っておられましたので紹介します。畠山さんは、チリ津波も体験しておられ、そのため、日頃から津波をいろいろ勉強されている人なので、津波の本質にせまるものを語っているように思えます。(以下要約)

 大きな地震のあと、大津波警報が出たが、だからすぐに避難しようとかは思わなかった。30分たったが何も起こらなかった。実は、去年もチリで地震があって、津波警報が出た。その時は海面の上昇があったものの津波と言うようなものではなかった。それもあり、今回もそんなもので済むかなという考えが頭をよぎっていた。
 ところが、海がどんどん引いて行った。これはただ事ではないと感じた。その時、突然ドンと津波が来た。(5~6mくらい?)周りを見たら家がプカプカと浮いている。これはチリ(50年前の)津波どころじゃない。自分はついに吉村昭の描く歴史的大災害の真っ只中に今放り出されたと感じた。慌てて実家(微高地にある)に駆けた。ここでも危ないと感じて、孫をおんぶして更に山に逃げた。
 山に逃げた直後にきた第2波がすごかった。10m以上あった。
 次男は1波のあと、船を守るために船に乗って沖を目指して、気仙沼湾の入り口の大島のそばで第2波に遭遇した。後で次男が語るところでは、入り口に灯台があって、いつも見上げてそこを通過していたのだが、その時はその灯台が下に見えたとのこと。次男は船を諦めて、救命具を着て飛び込み、幸いに、大島の民家(結構高台にある)の庭に流れ着いて救い上げられた。
 津波は大波がざぶっと来るというのとは違う。水の壁がスローモーションのように近づいてくるように見える。盛り上がった水が進んでくるようである。そして、寄せてくる時より引き波の時の方が速度が速い。ざっと時速40km/Hrある。そして瓦礫やらあらゆるゴミを伴なってくる。青いきれいな水ではない。
 また気仙沼では自分たちの集落から山ひとつ越えたところでは火の海になった。津波で火災発生は思いもよらぬこと。これで連絡や相互交流がかなり疎外された。
 自分の家は助かったが集落はほぼ100%壊滅した。津波直後は皆もうこりごりだ住んでいられない、引っ越すと言っていた。ところが最近アンケート調査した結果では、また、以前の生活に戻りたい、今さら陸に上がって出来る仕事もない、海産物、ウニやアワビを取って暮らしたいと言う人がほとんど。自分もそうだが、海や津波を恨んでいる人はいない。
 現在遅々としてではあるが再建に向けて歩み始めた。関西の知人から船が送られてきた。 日本人も捨てたものではない。ありがたかった。さらに、その人は海に潜ってプランクトンなども調べてくれた。その結果は、海の中はほとんどもとのままであった。荒れていなかった。酸素量、海草、ウニ、アワビも前と同じようにいたことが分かった。(要約終わり)

 日本民間の富力、科学機器装備力を物語っている話です。低税率で、国の借金は山盛りになっていますが、その分民間の懐が深くなっています。知恵も義侠心も深くなっています。
(後略)

http://blogs.yahoo.co.jp/toyoura_denske/28929523.html

関連エピソード
突然、海全体が盛り上がった。見ると足元には灯台がある。



テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 漁師 ブログ

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。