地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えてく命、生まれてくる命

18日


救急患者を受け入れている病院へ。


とにかくここの病院のドクター、ナース、薬剤師、放射線技師、検査技師、栄養士、看護助手・・・
全て震災後から不眠不休。家族や休みだったスタッフの安否さえ分からないまま、
極限の精神状態で仕事をしていたらしいです。



少しでも交代で休んでもらうようにサポートに入ることに。



地域や物品の場所は全く違っても、医療は共通。
そう思いながらも、続々搬送されてくる救急車と
受診を求めて並んでいる1000人以上の患者さんを目の当たりにして正直途方に暮れましたが
目的の「1人でも多くのかたに医療と看護を」のために気持ちを切り替えました。


救急搬送のほうのグループになり
搬送されてくる患者さんも
心筋梗塞や脳梗塞の薬を飲めていないから
再梗塞を起こしていたり
透析患者さんが透析を出来なくてカリウムの数値が上がっていたり心不全を起こしていたり
医療機材が足りていない中、現状は相当厳しかったです。

地震によるケガは免れ生き抜いたのに、地震後に病気で亡くなってしまう方の無念さと
私達医療スタッフの絶望感は文章にはあらわせないです。


東京の病院では手を伸ばせば点滴台、棚をあければ薬品etc
そして当たり前についている電気


自家発電とはいえ、バッテリーと時間との勝負で
手術が必要な患者さんはヘリで他県へ搬送の繰り返し。


採血をすると真っ黒でどろどろした血液がひけて

「お食事したりお水飲めていますか?」と聞くと

「私だけそんな飲み食い出来ないし、おにぎりと朝夕のお茶だけだよ」と力なく答える患者さん達。


点滴も足りなかった・・・


受診する患者さんをどんどん固い床に寝かせ点滴をして
様子を見て
点滴を抜いて止血して
誰が何の点滴をしてどのペースで終わるか把握するだけでも精一杯



そうこうしてるうちに救急車の受け入れ




そういえば今日もあんまり笑顔を見せてないなって時に
妊婦さんが産気づいたとの連絡。



私と同じ年くらいの初産の妊婦さん。


助産師の免許はないから
点滴の確保とベビーキャッチにまわりました。



点滴を入れていると
「重症のかたがたくさんいるこんな時に本当にすみません」と。



「何をおっしゃいますか!!
高田のみんなや全国のみんなが赤ちゃんを待ってますよ!!」と声をかけました。
赤ちゃんは明日への希望です。




元気な赤ちゃんが生まれたときは、薄暗い分娩室が
本当に明るくなったように思います。

お湯も思うように沸かせないからガスコンロであたためた湯を準備したり
支援物資で届いたアンパンマンのバスタオルに包んで。


涙を流してるお母さんが

「もうちょっと早く生まれてきてくれたらおじいちゃんとおばあちゃんに見せられたのに。
とても楽しみにしていたのに。」と言っていました。


でもこんなにスムーズに
元気な赤ちゃんが誕生したことはきっとそばで見守ってくれていたに違いないと思いました。


眉間にシワを寄せてピリピリしていた救急チームも産声に駆けつけ
一気に笑顔の空間に。



これから大変なことがたくさん待ってるけど、
絶対それ以上に嬉しいこと、幸せなこと、楽しいことだって待っています。


この赤ちゃんが大人になる頃は元の高田市に戻って笑顔が溢れる穏やかな街並みになっていることを
その場にいたみんなが願いました。



ラジオからはひっきりなしに聞こえてくるどんどん増えていく死亡者数。


こうやって生まれてくる新しい命。


どちらも尊いものです。
命の重さもみんな同じ。



改めてそう思いました。



明日も笑顔で今日よりいいことを見つけよう。


http://blog.goo.ne.jp/flower-wing/e/a17a45aaaf603af5be0cd1fbb9942453


スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 病院 妊婦 赤ちゃん ブログ

発泡スチロールで「九死に一生」 陸前高田市の大津波被害

 大津波による濁流の直撃を受け、廃墟(はいきょ)と化した陸前高田市。津波から逃げ遅れながらも、九死に一生を得た人もいた。

 沿岸部から約1キロの同市米崎町の菅野照子さん(66)は地震発生直後、海の方から3メートルほどの高さの津波が目に飛び込んできた。慌てて2階に上がったものの、階段から海水が噴き上がってくる。窓を見ると民家や車が次々と流されている。

 さらに天井裏に逃れたが、いよいよ自身も海水に流されたため、発泡スチロールのようなものにしがみついた。恐怖と寒さを感じつつ、海水に揺られ続けていると、地に足がついたという。

 「『もうだめだ』と思ったけど、生きることができたのは、周りの人の『(津波が)来たぞー、逃げろー』という声に勇気付けられたから」と振り返った。

 大津波に押し流され、住宅街だったはずのがれきだらけの一帯を呆然(ぼうぜん)と見つめていたのは、40歳くらいの男性。「アパートに1人残してきたから…」と憔悴(しょうすい)しきった様子。スキーのストックを手に、がれきの中を探しに来たというが、「どこが自分のアパートかさえ分からない。まるで原爆の写真のようだ」とつぶやいた。

 この一帯では、前日に続き、地元消防団の団員が、遺体の捜索活動を続けた。がれきの下や横転したトラックの中には、いまだ多数の遺体が収容されないでいる。団員たちは、やりきれない表情で、黙々と作業にあたっていた。

 沿岸部から約2キロの高台にある市立第1中学校には、家を流されるなどした人たち約1400人が避難。体育館には、避難している人の名前が張り出され、心配そうに安否確認に訪れる人が後を絶たない。1台だけ設置された衛星携帯には、多くの人が列をなしたが、相手側の原因でつながらないケースが少なくなかった。

 避難していた村上与四郎さん(80)と妻のフヨさん(81)は、発生直後に避難した市役所が、津波の被害を受け、防災ヘリで避難してきたという。フヨさんは「食事の配給もぎりぎり足りているが、とにかく寒い。何もいらないから暖かいところで寝たい」と、切実に語った。

 妻と一緒に避難している菅原康さん(78)は沿岸部から2キロ以上にも及んだ大津波について、「陸前高田では、津波は海から数百メートルの大船渡線までしか来ないという通説があったから、逃げ遅れる人がたくさんいたのではないか」とし、「着の身着のまま逃げてきたので防寒具がほしい。それと家族に一刻も早く無事を伝えたい」と話していた。

2011.3.13 15:04
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110313/dst11031315050060-n1.htm


親子のための地震安全マニュアル―家庭で備える地震対策最新情報!

新品価格
¥1,000から
(2011/7/21 16:01時点)



津波から生き残る―その時までに知ってほしいこと

新品価格
¥1,575から
(2011/7/19 10:11時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 レポート スクラップ 産経 避難所

避難をせず笑いながら話合っているひとや、道路に出て状況待ちの人を多く目撃

陸前高田市の菅野不二夫さんかお便りをいただきました。
3/11震災当日から現在までの様子をお手紙で頂きました。

多くの方にご覧いただきたいとのことで、手紙から抜粋し、掲載させていただきました。



「震災前の2/27、同級生の友人が自宅を訪れた際、津波の話になり、私が『しばらく来ていないから、もし来れば大きいのではないべか』、友人は『いくらなんでもここまではこないべさ』、私が『俺の家まで来るようであれば、高田は全滅するべさ』などと話し合ったことがありました。

3/11それは現実のものとなりました。

私の家は海から直線距離で1kmほど山手にあって、明治29年、昭和8年の大津波、チリ地震津波など、過去の大きな津波の浸水予定地域からも外れていたため、頭から「ここは安全」と決め込んでいました。

震災の日の午後、テレビを観ていたところ、突然、自宅が激しく揺れました。近所の人たちは道路に出てみな、呆然と立ち尽くしていましたが、私は先日の津波の話を思い出し、『大津波が来る!大津波が来るぞ!』と近所の人に向かって叫びましたが、何を言っているのかという目で見られました。

自宅のテレビは停電となっていたため、カーナビのテレビで状況を確認していたところ、防災無線が聞こえました。
『大津波警報が発令されました。沿岸住民は急いで高台に避難してください』
私は急いで避難準備を始めました。

大震災の2日前にも三陸沖を震源地とする、マグニチュード7.3の地震があり、気仙沼は1m、大船渡は60cmの津波が来襲しました。しかし、その津波では港や家には被害は出なかったため、今回、最初の放送で避難した人や、道路に出て避難しようかどうか迷っていた人たちは「釜石港の第一波60cm」の放送を聞き、油断して家に引き返したり、「大したことはない」と状況待ちだったと思われます・

地震直後、市街地を車で走り抜けた人の話によると、避難をせず笑いながら話合っているひとや、道路に出て状況待ちの人を多く目撃したとのことです。

釜石の第一波の放送からしばらくして『波が堤防を越えました』との防災無線が流れた直後、一切の通信が途絶えました。

私は津波の写真を撮るため、家内は先に高台へ避難するよう告げ、自宅から20mほど下り、1枚、2枚、3枚と撮影しました。



次第に、ファインダーいっぱいに薄茶色で土埃状の煙幕が広がったので、波がここまでくるかもしれない…、と本能的に身の危険を感じました。
撮影を中止し、夢中で道路を駆け上がろうとしました。
恐怖を感じると足が思うように動かず、ものの10秒も走らないうちに息切れして、後ろを振り向くと、津波が右側から渦を巻いて襲いかかってきており、部落の3分の2が一瞬のうちに破壊され、波に呑みこまれるのが見えました。気が付くと20m先まで波が来ていて、間一髪で命拾いしました。

何回も押し寄せる津波に家々が流され、町が蹂躙される様子を目の当たりにして、何か悪夢を見ているようで、現実のものとして受け取ることができませんでした。

自宅は約1m浸水し、駐車場には高田松原の松の木、木の下にカレイ、どこかのお宅の仏壇が漂着していました。

しかし、私の家から海までの1km間は、民家、商店、公共施設、大型店舗など全滅で、住んでいる人は誰もいません。町内の同級生の半数は津波で亡くなりました。

当日のことは記憶に深く刻まれていたため、思い出して書き記すこができるのですが、その後しばらくは、疲れと大災害特有の後遺症とでもいうのか、精神的ショックとも言ったらよいのか、記憶が曖昧で、朝話したことも忘れることがありました。

避難生活3週間で体重が5キロほど減り、記憶力も衰え、力仕事も人にやってもらいましたが、最近はかなり回復しています。

しかしこの期間、自衛隊はじめ、県警、ボランティア等の応援をいただき、全国から飲料水、食料品、衣類、医薬品など様々な支援物資をいただきました。
特に隣近所の協力ぶりには目を見張るものがありました。瓦礫の中の車からの人命救助、安全な場所まで連れ立っての避難、避難所での協力。そして、近隣同士の会話が増え、昔のような隣組の連帯感、絆が戻ってきたのではないかと思われます。」


http://blog.canpan.info/iwate-koreisha/archive/123


東日本大震災 心をつなぐニュース

新品価格
¥1,000から
(2011/7/19 09:47時点)

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 油断 レポート

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。