地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社員男性 女性を救い電柱に30分間登って大津波から避難

 秋田市で仕事で岩手県釜石市を訪れ被災した会社員のTさん(37)。3月11日の東北関東大震災の直撃を受けたのは、釜石市に近い大槌町にあるコンビニに車を止めたときのことだった。
「かなり激しい横揺れを感じたんです。車に乗っているから強く感じるのかな、と様子を見ていたんですが、コンビニは停電して店内からみんな大慌てで出てきて、これは“ただごとじゃない”と思いました」
 急いで車のラジオをつけると、津波警報が出されていた。「地元ではないので、どの方角に逃げればいいかなんて、わからない。イチかバチか、車で釜石方面を目指しました」
 相次いで起こる余震で、橋を渡る際にはかなり揺れたという。Tさんはハザードランプをつけながら、慎重に車を進めた。
「止まるか止まらないかのスピードでとにかく、まっすぐ運転することだけに集中しました」
 地震はそれほどの揺れだった。消防車や救急車のサイレンがけたたましく鳴り響き、振り返ると後方の沿岸側から濁流が押し寄せているのが見えた。これはまずい、とTさんは携帯電話と財布を持って、渋滞にはまっている車を捨てて飛び出した。この一瞬の判断が大きかった。
「海と反対側へ一目散に走っていきました。波はみるみる押し寄せてきて、川と道路の境がなくなってしまって…。とにかく波にのまれないように近くにあったフェンスによじ登ろうとしたんです。でもうまくいかなくて電柱にしがみつきました。もう水かさは腰のあたりまできていたけど、スマトラ沖の大地震による津波のニュースで電柱に登って奇跡的に助かったっていう人の話を思い出したんです」
 そんなとき、Tさんの横で「助けてー!」と叫ぶ40代の女性の姿が。
「とにかく女性の手を掴んで何とかたぐり寄せました。抱え上げることはできなかったので、電柱にまず私が登って、こうすれば登れるから、と手を貸しました」
 電柱の上からの光景は先ほどまでとは全く別のものだった。釜石道路はもうなくなり、車や木材などが流されていく。
「地震からそこまでで30分くらい。けど、電柱につかまっていた時間は1時間にも2時間にも思えました。後でわかったんですが、乗っていた車は50メートルも上流に流され、マイクロバスの下敷きになってました」
女性セブン2011年3月31日・4月7日号

http://www.news-postseven.com/archives/20110319_15332.html




スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 スクラップ 救助 女性セブン

東日本大震災:答え出ない「てんでんこ」…自主防災と矛盾

 国道45号を挟んで、海岸から山手にかけて民家が建ち並ぶ岩手県釜石市嬉石(うれいし)地区。寝たきりの高齢者を助けようとした男性8人が津波にのまれ、その高齢者を含む4人が死亡・行方不明となった。「津波てんでんこ」の教訓を知っていながら救助に向かった生還者は「『てんでんこ』はやっぱりできない。ならばどうすれば良かったのか」と自問を続けている。【黒田阿紗子】

 ◇まだ年寄りが
 3月11日午後2時46分。市中心部で軽トラックを運転していた消防団員の佐々木俊介さん(52)は、激しい揺れに「大津波が来る」と直感した。ヘルメットと法被を身に着け約15キロ離れた自宅に戻ろうとしたが大渋滞に遭い途中の嬉石地区にある義父宅へ向かった。

 義父と近所の高齢者を連れて一時避難場所の嬉石地区集会所にたどり着いたころ、時計は午後3時7分を示していた。集会所の人はまばら。ほとんどは、更に山手の市民交流センターへ逃げていた。

 「年寄りがまだ下にいるっけ、助けて」。そこに女性が駆け込んできた。津波は遅くとも30分後とみていただけに「今から間に合うか」との思いがよぎったが、不安を振り切るように軽トラックに再び飛び乗った。

 ◇布団ごと救出
 坂道を約250メートル下った民家の前で、知り合いの消防団員(49)らが待っていた。寝たきりの菊池ミエさん(82)を義理の娘(52)が1人で抱えようとしたが持ち上がらず、助けを求めているという。町内会長の成沢幹雄さん(72)もいったん避難した後に駆けつけ、集まった男性は計8人となった。

 以前は雑貨店だった民家の正面はシャッターが下りていたため、成沢さんら4~5人が1階裏口から寝室に入ると、オムツ姿のミエさんに娘がズボンをはかせようと手間取っていた。「そんなのいいから」。遮るように布団の四隅を総出で持ち上げた。外で待ちかまえていた男性2人がシャッターを開け、布団ごと軽トラックの荷台に積み、佐々木さんが急発進させた。

 「津波が来たぞ」。叫び声がしたのは、その瞬間だった。進行方向から白波を立てた山のような水の壁が迫っていた。「こっちさ入れ」。佐々木さんは消防団員の呼び掛けで、家屋の陰になる空き地に車を動かした。だが、あっという間に水にのまれ、車内に閉じこめられた。車体が水に浮いて右に傾いた瞬間、助手席側のドアを開けて脱出できた。

 必死の思いで浮上し、目の前にあった家の屋根によじ登った。見渡すと家屋や電柱がごう音を立てながら濁流に押し倒され、もう軽トラックもミエさんの姿も見えなかった。

 一方、成沢さんは消防団員と一緒に山手へ走ったものの、すぐ津波に追いつかれた。しばらく小屋のへりにつかまって耐えたが、横殴りの波に打たれ2人は同時に手が離れた。成沢さんは偶然流れてきた大型の工具箱を盾にして、がれきをよけながら夢中で泳いだ。

 ◇自主防災とは
 ミエさんと消防団員は現在も行方不明のまま。救助の際にシャッターを開けた男性2人は死亡した。「人間、助けてけろって頼まれたら絶対行く。『てんでんこ』はできないって今回よく分かった」。佐々木さんはうつむいた。

 成沢さんによると、町内会は4月1日、自主防災組織を発足させる予定だった。全365世帯を五つのブロックに分け、1人で避難できない高齢者を手助けする段取りを詰めていた。それも津波で保留となった。

 今は避難所となった市民交流センターで運営を取り仕切っている成沢さん。「どう考えても『てんでんこ』と自主防災組織は矛盾する」。毎晩、避難所の運営スタッフと議論になるが、どうすれば犠牲を防げたか、まだ答えが出ない。

 ◇津波てんでんこ◇
 津波の時には親子といえども頼りにせず、てんでんばらばらに走って逃げよという意味。度重なる津波に見舞われてきた三陸地方で、家族や集落が全滅することを防ぐために言い伝えられてきた。


2011年7月2日
http://mainichi.jp/select/today/news/20110703k0000m040026000c.html

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 20:42時点)



東日本大震災 自衛隊もう1つの最前線 (毎日ムック)

新品価格
¥1,000から
(2011/7/18 20:42時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 スクラップ 毎日 高齢者 救助 犠牲

ラジオでは「予想される津波の高さは3メートル」と繰り返していた。

 東日本大震災の本震後、気象庁はすぐに大津波警報を発表した。岩手県沿岸の当初の予想は「高さ3メートル」。気象庁はその後、高さを6メートル、10メートルと更新したが、停電などの影響で、多くの住民には最初の3メートルしか伝わらなかった。警告を促すはずの警報が逆に、3メートルという「安心情報」となった側面がある。逃げ遅れた人も少なくない。

◎警報あだ 避難に油断/更新情報、停電で届かず

 「3メートルという数字に振り回された」
 釜石市北部、根浜地区に自宅があった元漁師の佐々木国男さん(72)は、同市野田町の仮設住宅であの日を振り返る。
 妻モトさん(69)と国道45号を南下し、宮古市から帰宅途中だった。岩手県山田町付近で車が大きく揺さぶられた。ラジオでは「予想される津波の高さは3メートル」と繰り返していた。
 昭和三陸津波(1933年)の際、付近を襲った津波の高さは4.8メートルとされる。国道45号沿いの堤防はそれより80センチ低い4メートル。以前からそう頭にたたき込んでいた。
 「3メートルなら大丈夫だろう」。佐々木さんは車を再び走らせた。自宅がある根浜の手前、釜石市鵜住居町に入っても、避難する人は見掛けない。「津波は来ないのかな」。気を抜いた時だった。
 突然、悲鳴が聞こえた。鵜住居小、釜石東中の子どもたちが泣きながら坂を駆け上がってくる。慌てて車を降りると、鵜住居川の河口から黒っぽい煙が見えた。
 2人は高台にいたため難を逃れたが、鵜住居地区では逃げ遅れた多くの住民が犠牲になった。
 「初期段階で3メートルと言うべきではない」「テレビなどで3メートルと聞いた後、停電になり、逃げなかった住民もいたらしい」。佐々木さん夫婦は「3メートル」の情報が住民の判断に影響したとみる。

 大船渡市赤崎町の漁師東善兵衛さん(79)は地震発生時、自宅から約200メートル離れた蛸ノ浦漁港のカキ養殖作業小屋に仲間約20人といた。すさまじい揺れに「津波が来る」と直感。みんなばらばらに逃げた。
 東さんは自宅に走った。その途中、市の防災無線が高さ3メートルの大津波警報を伝えた。
 チリ地震津波(60年)の時、当時住んでいた陸前高田市を襲った津波は3メートルほどだったという。今の自宅裏の市道は標高約5~6メートル。そこで様子を眺めようとした。
 「ところが、10メートル以上の津波が一気に来た」。約50メートル流され、海水も飲んだ。死を覚悟したが、小屋に引っかかり、屋根から下がったロープを必死につかんだ。
 今は近くの蛸ノ浦小の校庭に建設された仮設住宅に1人で住む。「10メートルの警報が出ていれば、さすがに指定避難所まで逃げた。油断した」

 今月8日、気象庁2階の講堂。気象庁が有識者や防災関係者を招いて「勉強会」を開き、3月11日の津波警報について検証した。
 「津波の高さは不要だった」「全体像を知るためには必要」。議論は津波警報の発表内容やタイミングに集中した。
 気象庁によると、地震の3分後「岩手では3メートル以上」とする大津波警報を発表。岩手県沿岸では約30分後に6メートル、約45分後に10メートル以上と予想を更新した。沖合の衛星利用測位システム(GPS)波浪計で観測されたデータによるもので、更新は初のケース。
 勉強会では、数値発表に否定的な意見が多く出た。「予想を最大値と受け取り、住民の避難が遅れた」「過信を生んだ」「非常事態を知らせることが先」…。
 メンバーの一人で、釜石市の防災教育に携わってきた片田敏孝群馬大教授は「釜石市では3メートルという数字を信じて行動が決定づけられた。詳細情報は不要だ」と語った。
 今回の教訓をどう生かすのか。気象庁はことし秋をめどに改善策をまとめる。
(喜田浩一、山口達也、中本亮)


2011年06月27日月曜日
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/20110627_01.htm

河北新報特別縮刷版 3.11東日本大震災1ヵ月の記録

新品価格
¥1,260から
(2011/7/18 20:54時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 レポート 河北新報 犠牲 生還 スクラップ

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。