地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日も津波訓練中「早ぐ、早ぐ!」

 東日本大震災の発生時、ちょうど避難訓練の準備をしていた保育所があった。岩手県野田村の野田村保育所。建物は津波で無くなったが、約90人の園児と14人の職員は全員無事だった。保育所は月1回のペースで避難訓練を行い、常に津波を意識していた。なぜ、そこまでの備えができていたのか。(梶原紀尚)

■背中に乳児くくり「早ぐ!」

 三陸鉄道のねじ切られたレールが津波の威力を示していた。保育所の建物があったはずの場所には、片側の門扉だけしかなかった。人口約4700人の野田村では震災で28人が死亡。450戸以上が全半壊するなどの被害が出た。

 震災当日、午後3時から毎月恒例の避難訓練を予定していた。訓練は火災、地震、津波の3つの想定で行われており、津波訓練の場合、15分以内に約500メートル離れた「高台の家」に避難する段取りだ。

 主任保育士の廣内(ひろない)裕子さん(53)はこの日、園児たちの昼寝をいつもより早く切り上げ、着替えをさせていた。そのとき地震が起きた。

 廣内さんは激しい横揺れに耐えながら「大地震が来たら『源平坂』に逃げろ」という地元の言い伝えを思い出していた。源平坂は避難場所からさらに奥にある高台へと向かう坂。登り切れば津波でも安全だとされていた。


 「逃げよう!」

 0歳児はひもで背中にくくり、1歳児の10人は保育所で「避難車」と呼ぶ大型の乳母車に乗せた。そのあと、上履きのままの園児たちが続いた。

 500メートルほど進み、避難場所である高台の家にたどり着いたが、黒々とした波の塊が防潮林を超え、海岸沿いの国道を走る車をのみ込もうとしていた。高台の家も危ないかもしれない。

 「早ぐ、早ぐ!」

 一行はさらに約500メートル離れた源平坂を目指すため、ビニールハウスの間を突っ切ろうとした。避難車のタイヤが畑にめり込み気持ちが焦ったが、必死で走り源平坂を登りきった。そのとき坂の登り口で津波が止まったのが見えた。

 乳幼児を連れて逃げるのには時間がかかる。保育所では訓練で周到な準備をしていただけでなく、職員らは避難場所についても油断せず、最善を尽くした。

 幼いころの十勝沖地震の経験や「源平坂」の言い伝えに助けられたという廣内さんは「教訓を次の世代へ伝えていくことが大切」とし、次のように語った。

 「津波の怖さはだんだん薄れる。先祖や親から教えられたように、子供たちや若い職員にも伝え続けていかなくてはならない」


http://sankei.jp.msn.com/life/news/110428/edc11042814480002-n1.htm




スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 避難 子供 幼稚園・保育園 赤ちゃん

おにぎりの温かさに自分が生きていることを実感し、かみ締めて食べた。

 平成23年3月11日午後2:46分、この日を我々は永久に忘れることはできないでしょう。
 
 被災当日、私は野田村の事務所で仕事中だった。
「あ、携帯電話に地震警報がきてます!」
 部下の携帯電話が聞きなれない音を発しているうちに大きく長い地震が発生!いつもなら十数秒で収まるのに、1分以上も続く大きな揺れ。地震中に停電発生、幸い物が落ちたりはまだない。暖房を止め、事務所外に退去。外も揺れている。収まらない。情報が欲しいので、駐場から愛をよせ、カーラジオをつけた。

「ただいま、岩手県から宮城、福島県にかけて非常に大きな揺れを観測しました。マグニチュードは…、津波の発生にご注意ください!」

 大きく揺れるから、IBCアナウンサーの重々しい声。なんか今回のはやばくない?

「大津波警報が発令されました。予想される高さは3メートルから7メートル、推定到達時刻は・・・」

 きた!大津波警報だ!今回のは地震も大きいし、なんかいやな予感がする!事務所内外にいる職員に呼びかけた。

「逃げませんか?!」「事務所内は可能な限り施錠して一度高台に避難しましょう!窓口対応時間は過ぎたし停電だし、何も無ければ戻ればそれでいいと思います!」

 近くの児童たちも消防団員誘導のもと避難を開始している。これはくるかな…?

 防災無線からは相変わらず「大津波警報発令、高台に避難してください!」との放送が鳴り響く。

 まもなく消防のサイレンが鳴りはじめ、拡声器から絶叫が聞こえた。

津波がきたーーーー!逃げろーーーーーー!!」

 よし、逃げよう!

「中学校か高校の高い方に逃げろ!そこで落ち合おう!」

 周囲にいた職員たちは、で、あるいは徒歩で逃げ始めた。あとはいないか?2人ほどまだ残っていたので自分のに乗せ、私も車を走らせた。あせってはいたけど、まわりがゆっくり動いて見える。久慈工業高校への進路が開いていた。迷わずそちらに走る。後ろを見る余裕は無い。まもなく工業高校に到着。他の避難者の車で止め場所が少ない。同僚の車を探すが見当たらない。みんなは中学校の方にいるかもしれない。津波はきたのだろうか?様子見に戻ることにした。

 農協まで数十メートルのあたりで津波に進路を塞がれていた。消防団員から此処から先は通れないと迂回を指示された。源平坂と呼ばれる所に車を廻らせ止めた。降りてみると、橋の下の川に車が流れている。まじかよ?!人は乗っていない。そこで農協の方を見ると、家の屋根やら車やら木材やら泥水で、とても近づける状況ではない。また、消防団員に返される。建物は形があるけど、中はどうなったのだろう?どこか見渡せるところはないか?

 車を走らせ、下泉沢地区の高台に廻ってみた。避難者が絶望の声を上げている。そこから見下ろすと、南浜地区から三日市場地区の家々が見渡せるはずなのに、無い。あるのはどす黒い水溜り、たまにぽつんと家の屋根が見える。なにこれ?本当に大津波がきてしまった。うそだろーー??高台の下まで水が来ていて、そこからはとても行けそうにない。南浜地区か米田地区のどこかで火災が発生したようだ。黒煙が見える。でも、誰も何もすることが出来ない。人は大災害の前では無力だ。まだ余震は続いている。ここも決して安全と思えない。他の皆は大丈夫か?中学校に行ってみることにした。

 中学校に着くと、車で逃げた同僚が多数避難していた。他にも学生や避難者で一杯だ。お互いの無事を確認しあうとともに、情報を求めて、カーラジオをつけ、携帯電話にかけてみた。携帯は中々繋がらない。何人か同僚と繋がった。帰るときは一緒に、とか明日の行事は中止だよね、とかやり取りする中で、久喜地区。(久慈市の海沿いの高台)の同僚と連絡がつく。地震のあと、すぐに自宅に戻って無事だけど、今も津波が押し寄せている。まだ大きな波が来ているから気をつけて!とのことだ。なんてこった!

 余震が続き、大津波警報が解除されない中、私の名前を呼ぶ人がいた。取引先の「いわちく」の営業マンだ。ビニール袋に濡れた衣類をいれている。

「十府ヶ浦付近の国道45号線で津波に巻き込まれました。波を受けたとき、45号線には他にも車がいっぱい走っていたし、十府ヶ浦で海を眺めていた人や車も見かけました。消防車やパトカーもいました。そこにいた人はほとんど駄目だと思います。自分は冷凍車のコンテナが浮いてくれたので車ごと流されてきて、コンテナの上によじ登り、泳いで(川?津波の沼?)この近くまでたどり着きました。服を借り、途方にくれていたら(私を)見かけたので、きました!」

「よく生き残れたねー!よかった!本当によかった!」

 この奇跡の生還者の情報によると、国道45号線を走行中の車は多く、死傷者は二桁では泊まらないのではないか?とのことだった。どれぐらい大きな津波だったのだろう?いったいどれぐらいの人が死傷したのだろう?少なくても野田村の街中の被害は甚大で死傷者もでているだろう。無論通れないし、国道45号線も十府ヶ浦付近で遮断されたと判断できる。他の市町村は?私の家族は?携帯は極端に繋がらなくなっている。ラジオから各地の被害情報が断片的に入ってくる。八戸市では流される漁船群、久慈市では石油備蓄基地が壊滅的被害、大船渡、山田、陸前高田、旧田老町も壊滅的被害を受けているという。城塞都市のごとく防波堤に囲まれた旧田老町までもやられている。よほど大きな津波であったのだろう。幸運にも私は津波の瞬間を直視していない。それは、生命の危険から逃げ通せたことに他ならない。

 玉川地区の職員や産直店の女性部部長が自宅に戻りたいというので、山側の道を伝い、それぞれ付近に送り届けた。まだ被災の情報は不明のままだ。玉川でガソリンスタンドに車が集まっていたのでよってみた。同僚が1人いて、被災後45号線を普代村から北上、これ以上北上できないとの情報を得た。あ、なんとか家には帰れるんだ。手給油でいくばくかの燃料を補給した後、集結地の中学校に戻った。

 中学校に戻った頃には、周囲はすでに暗くなり、雪が降り始めかなり寒くなってきた。久慈方面の職員達に乗りあわせで帰宅、いわちくの営業も乗せて行き、なるべく一人での行動は避けよと指示した。他の地元の職員にも帰宅を指示。中学校では柔道場に被災者避難場所が設置されていたので、屋外で震えている避難者をそこに誘導した。そのうち完全に暗くなった。ここではもう、今、私に出来ることはない。私も帰宅することとし、同方面の同僚を一人伴い、後ろ髪を惹かれる思いで野田村を後にした。

 真っ暗な我家の中に薄明かりが見えた。両親と、家が海に近い親戚が避難してきている。蝋燭を灯し、反射ストーブを焚き、一つ処で寄り集まり寒さを凌いでいた。まもなく、ガスで炊いたご飯のおにぎりが出てきた。おにぎりの温かさに自分が生きていることを実感し、かみ締めて食べた。

 その後のラジオからのニュースで、岩手以外の被害の甚大さを知った。宮城県気仙沼の被災後の大火災、仙台空港浸水、特にも福島原発の事故は核爆発や放射能漏れ等、最悪の恐怖が控えている。この状況では八戸市の飼料コンビナートもタダでは済まないだろうな、飼料も燃料も、そして我々の食料も。これからの苦難を予見し、死に物狂いで頑張る覚悟を決めた。余震のたび起こされながら、不安な夜は明けた。

 簡単な朝食を済ませ、被災状況の確認に出かけた。途中、被災した海辺や町並みを画像に納め、改めて津波の恐ろしさを実感した。UPした画像のごとく、農協の事務所周りも酷いものだった。外は足の踏み場もなく、何から手をつけたらいいか途方にくれた。事務所内は向きによっては被害軽微な所もある。私の事務所がそうだった。浸水はしたものの、書類やPCは大丈夫そうだ。南部福来豚の神様が守ってくれたようだ。あらためて、神棚に感謝の祈りを奉げた。まずは、事務所機能復旧に向けて早速仕事が始まる。また、畜産担当として、飼料、出荷、の方向性を探らなきゃならない。電気も電話もネットも水も、何もなくてもやらなければならない。あるのは愛車と数台の稼動可能な車輌と休めるだけの事務所と携帯電話だけ…。そこから私たちの復旧活動が始まった。

 書き始めたら止まらなくなりました。続きはまた後日に。

 このたびの東日本大震災により被災、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

http://blogs.yahoo.co.jp/nakai4218/63009939.html



テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 避難 ブログ レポート

48歳男性 15年の引きこもりからも生還

 2階の窓を開けると、高さ10メートルの防潮林をのみ込む津波が見え、瞬く間に自宅も襲われた。岩手県野田村の海岸線近くに住む無職男性(48)は約15年間外出せず、引きこもっていた。自宅ごと流され、一時は死を覚悟したが奇跡的に生還し「幸運だった」と喜びをしみじみと語った。  男性は母親(72)と2人暮らし。勤めていた東京の会社が約15年前に倒産。故郷の野田村に戻り、そのまま引きこもるようになった。

 「避難はおっくうだった」と男性。11日の激しい揺れの直後「逃げなきゃだめだ」と何度も訴える母親の言葉を聞き入れなかった。

 母親だけが避難した直後、ドンという音とともに自宅は流された。部屋の壁が崩れ、天井が落ちてきた。あっという間に胸まで水に漬かり、屋根の梁(はり)に手を伸ばし必死に抱え込んだ。わずかな空間で呼吸し、屋根ごと1キロ近く流された。

 だが間もなく屋根は真っ二つに割れ、濁流の中に。気が付くと下着ごとジャージーは脱げ、腰や脚は擦り傷だらけに。

 ようやくビニールハウスの骨組みをつかみ、引き波に耐え続けた。どこにいるか分からなかったが、寒さに震えながら高台へ歩き、隣の久慈市の避難所に運ばれた。

 「息子はもう生きていないだろうと正直諦めていた」。野田村の避難所にいた母親の元に3日後の14日、朗報が届いた。再会し、母親は涙を流して男性を抱き寄せた。「人とのコミュニケーションは苦手だが、避難所の生活はそんなに苦でない」と男性は話している。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/17/kiji/K20110317000442390.html


闘う日本 東日本大震災1カ月の全記録

新品価格
¥1,365から
(2011/7/19 08:57時点)




テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 生還 津波 スクラップ スポニチ

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。