地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「道路どこ?家なくなった」津波にのまれた福島・南相馬

 海岸線一帯が津波に襲われた福島県南相馬市。小高区岡田の村井文子さん(63)は12日午前10時過ぎ、家族7人で自宅2階に避難していたところを同市消防署員らにボートで救助された。津波の水は一時は約3メートルある自宅1階の天井まで届いた。救助車に乗り込んだ村井さんは「もうダメかと思った」と声を震わせた。

 前日午後3時過ぎ。他の家族6人と自宅1階にいた村井さんは「ゴーッ」といううなるような音と、「津波だ!」と外で誰かが叫ぶ声を聞いた。89歳の父と足腰の弱った88歳の母を2階に担ぎ上げ、小学生の孫2人ら家族全員が2階に避難しおえた約30秒後。窓が割れる大きな音とともに水が家に入ってきた。

 ふと隣の家を見ると、屋根に顔なじみのおじいさんが1人で避難していた。「がんばって!」。窓からみんなで必死に声をかけた。だが、日が暮れるとおじいさんの姿は見えなくなった。

 明かりは懐中電灯とロウソクのみ。布団に家族みんなで入って暖めあった。

 朝、明るくなったとき、おじいさんの姿は屋根の上になかった。だれも救助に来た形跡はない。「何もなければいいのだけれど」。救助車の中で村井さんが顔を曇らせた。

 小高区大井の中山ユキ子さん(69)は夫で農業の隆さん(69)と11日から連絡がとれていない。

 隆さんは地元の農家と海岸近くの共同農場を運営している。地震発生当時は、同僚と2人で農場でトラクターを使い、大豆の種をまく作業をしていたという。ユキ子さんが自宅で待っている間、地震が起きた。

 避難した同僚の男性によると、隆さんは「おれは作業を終えてから戻る」と言って1人残ったという。ユキ子さんは「ここは、こんな大津波が来ることは今までなかった。本人も津波が来ることを知らなかったのではないか」と悔しそうに話した。

 新田川の河口近くに位置する市東部の上渋佐地区は、集落のほぼすべてが津波にのまれた。海岸から1.5キロほど離れた内陸でも、磯の香りが辺りに漂う。倒壊した家屋、押し流されてきたとみられる屋根、傾いた電柱。ぞうきんを絞ったようにねじれた車が折り重なっている。

 難を逃れた数人の住民らが自宅の様子を見に来ていた。「どこが道路? 家がなくなっちゃった」。口元を両手で覆い、ぼうぜんと立ちつくす。「避難所が寒いから」と、散乱している泥まみれの上着やタオルなどを拾って持ち帰る人もいた。

 橋本正雄さん(67)は地震発生時、立っていられないほどの揺れに襲われた。ダダダダダダ――。家の中で物が飛び、屋根瓦が落ちた。「家がつぶれる!」。妻の美紀子さん(62)と外に飛び出た。

 「津波が来るぞ。逃げろ」と遠くで誰かが叫んだ。巨大な黒いカーテンのような波が家々に覆いかぶさり、こちらに向かってきていた。車に飛び乗り、海と反対の方角へ逃げた。

 高台の親類宅で眠れぬ夜を過ごし、明るくなるのを待って自宅を見に来た。木造平屋建ての建物は姿をとどめていたが、中は泥に覆われて足を踏み入れられない。「この辺りには50軒以上の家があった。隣近所の人たちが無事なのかすら分からない」。橋本さんは声を震わせた。

 南相馬市によると、道路が寸断され、100人単位で孤立している地区もある。「集計が追いつかず、誰が行方不明かわからない」と担当者は話した。(古庄暢、富田祥広、茂木克信)

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103120368.html


東日本大震災100人の証言 2011年 4/10号 [雑誌]

中古価格
¥430から
(2011/7/19 09:08時点)


スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 スクラップ 朝日 家の中 子供 高齢者

沿岸南行記:津波被災地より 福島県南相馬・21日 同志、最期の場所にて

津波だ、逃げろ。その知らせで、彼は人を救い、私は人に救われた。私と同じ福島県南相馬市担当だった地元紙・福島民友の熊田由貴生記者(24)。
4月2日、同市鹿島区の国道6号沿いで遺体で見つかった。ともに大津波を目の当たりにした記者として、私と彼が入れ替わっていたとしても、おかしくない。


 「熊田記者に救われた」と鹿島区の大工の男性(61)は証言する。海辺の自宅へ軽トラックで向かう途中、約100メートル先で長身のスーツ姿の男性が両腕で「×」を作り津波襲来を教えてくれた。即Uターン、間一髪。
見知らぬ男性だった。ただし、熊田記者を知る男性の長男(35)が直前に近くで会っている。風貌も服装も一致する。

 地震直後の同じころ、私は津波を撮ろうと約3キロ南の同市原町区にいた。地鳴りのような「ゴーッ」。海の方から走って来る作業着姿の初老男性が叫ぶ。「津波が来るから逃げろ」。電柱もなぎ倒された。男性を私の車に乗せて逃げた。足の震えが止まらなかった。

 25歳の私と年も近い熊田記者とは市役所の喫煙所で缶コーヒーをすすった仲だ。いつまでも続くと思っていた。日常すぎて、何を話したのかほとんど覚えていない。

 彼の最期の場所に立つ。いくつも「もしも」が頭をよぎり、得も言われぬ恐怖がこみ上げる。海岸から約4・5キロ、2カ月が過ぎたのに、周囲は漁船やボートが手つかずだ。原発事故の影響で撤去が滞っているという。【神保圭作】

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110522ddm041040062000c.html

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 20:42時点)



東日本大震災 自衛隊もう1つの最前線 (毎日ムック)

新品価格
¥1,000から
(2011/7/18 20:42時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 レポート 記者 スクラップ 毎日

悲しみ乗り越え桐生で生き抜く震災避難者

 東日本大震災と原発事故で桐生市に避難している福島県南相馬市小高区の菅野行友さん(54)は、先月11日の津波で、両親と里帰り出産直後の長女、そして生後わずか12日目の初孫を奪われた。残された家族4人での避難生活も来週で1カ月になるが、原発20キロ圏内の自宅跡は放射能漏れで一時帰郷もままならない。「行方不明の孫や母を捜したい。でも、生き残った子の未来も大切。今は前を向くしかない」。悲しみを乗り越え、桐生で生き抜く覚悟を決めたと語る。
 菅野さんは両親と妻、次女、長男との6人暮らしで、2月28日に里帰り出産した長女と初孫の男の子も加わり、喜びにひたっていた矢先だった。
 地震直後、職場にいた菅野さんは海まで50メートルほどの自宅に急いで戻った。両親と長女、孫の無事を確認してほっとする。「お父さん…」と長女が言いかけたとき、バリバリという音が響いた。
 防風林のマツがなぎ倒され、庭の自動車がフワッと浮く。次の瞬間、津波に家ごと吹き飛ばされた。水中でもみくちゃにされ、どんどん息苦しくなる。「これで終わりか」とあきらめかけたとき、偶然にも首から上が水面上に出た。
 近くの大型倉庫の最上部にある窓の格子をつかんでいた。そのまま津波を何波もやりすごし、切り傷だらけになりながら水が引くのを待った。
 避難所で無事だった妻と次女、長男と再会したが、自宅で一緒だった4人の姿はない。父と長女は遺体で見つかった。残る2人も探したいが、原発事故の放射能漏れで今も近づけないままだ。
 桐生には親類を頼って約2週間前に車で避難してきた。現在は市営二本松団地(相生町三丁目)に家族4人で暮らす。次女は自転車で通える範囲で職探しを始め、長男は地元高校への編入が決まるなど、新天地で第一歩を踏み出そうとしている。
 菅野さんは「なんとかして孫と母を探してやりたいが、原発事故で近づくことさえできないのが本当に心苦しい」と嘆く。その一方で「生き残った子の未来も大切。少なくとも子どもが学校を卒業するまでは桐生でお世話になる覚悟。桐生の人たちのおかげで、生活の場所をいただいた。今は前を向くしかない」と自らに言い聞かせた。

2011-4-6
http://www.kiryutimes.co.jp/news/2011/0406/1104061.html

闘う日本 東日本大震災1カ月の全記録

新品価格
¥1,365から
(2011/7/19 08:57時点)




テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 犠牲 赤ちゃん 原発 桐生タイムス

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。