地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高台」「避難」の意味が分からなかった人が多かった。

 大震災では、大勢の外国人も被災した。警察庁によると、27日現在、死亡した外国人は29人。うち7割近い20人が宮城県内で亡くなった。震災発生直後、外国人が取った行動を調べると、運に加え、「日本語」「近所付き合い」「防災意識」の3点が生死を分けた要因として浮かび上がった。

◎「避難」言葉の壁厚く/隣人の存在、命運分ける

 「高台に避難してください」
 津波から多くの日本人の命を救った防災無線やラジオの呼び掛けが、宮城県南三陸町のフィリピン人にはほとんど理解されていなかった。
 35年前に来日した英語講師佐々木アメリアさん(57)は「心配していた通りになった」と表情を曇らせる。
 震災後、フィリピン人妻ら十数人に聞いたところ、「高台」「避難」の意味が分からなかった人が多かった。大半は日本人の夫と逃げたか、隣近所の日本人に促されて逃げ、一命を取り留めたが、女性(29)が津波で亡くなった。
 アメリアさんによると、女性は日常会話はできたものの、防災無線の日本語は聞き取れなかった可能性が高い。石巻市のスナック勤めで、南三陸町のフィリピン人社会や、隣近所との付き合いはほとんどなかった。「日本人の夫以外に、避難するよう教えてくれる隣人はいなかったはず」とアメリアさんはみる。
 流ちょうな日本語を話す千葉ジョイさん(44)は「私も『高台』『避難』の意味は分からなかった。『高い所に逃げて』と繰り返し言われれば、助かったかもしれない」と同胞の死を悼む。

 志津川中で避難生活を送る来日20年の小山ジュリエットさん(44)を救ったのは、防災無線を聞き取る日本語能力と夫からの電話だった。
 地震と停電で通話できないと思っていた携帯電話が午後3時10分すぎ、突然、鳴った。「大津波が来る。できるだけ高い所に逃げろ」。夫の宣広さん(42)だった。
 宣広さんは近海マグロはえ縄船の漁師。太平洋の沖合数十キロで津波をいち早くキャッチし、衛星電話で危機を知らせた。
 地震発生時、海沿いにある水産会社の加工場にいたジュリエットさんは防災無線に従い、既に指定避難所の志津川小へ向かっていた。途中、志津川保健センターにほど近い夫の実家に立ち寄った。
 直後、宣広さんから電話があった。忠告に従い、義父母と一緒に高台に逃げた。振り返ると「真っ黒な濁流が、数分前までいた小高い場所をのみ込んでいた」という。
 ジュリエットさんの友人の斎藤ジュリエットさん(44)は同じころ、日本人の夫と逃げた高台で、泣きながら上空を見上げていた。「この世が終わる。イエス・キリストが降臨する」と。

 あの時、中国・大連出身の広岡燕燕さん(37)は宮城県山元町の自宅にいた。海岸まで約1.2キロ。「地震が起きたら津波が来る。すぐ役場へ逃げて」。日本人の夫の口癖が頭に浮かんだ。
 サンダル履きのまま、3キロ以上離れた町役場を目指し、長女歩実さん(7)と自宅を飛び出した。道路はひび割れ、水が噴き出す。空は暗く、海岸から真っ黒い土煙が追い掛けてくる。
 津波の恐怖と闘いながら、十数分走り続けた。息も絶え絶えになり、道路に飛び出して白いワゴン車を止め、叫んだ。「娘だけでも」。ワタナベと名乗る男性が2人を乗せてくれた。
 津波は町役場の近くまで迫り、自宅1階は水に漬かっていた。
 「夫の口癖と、親切な日本人のおかげ」。山元町の仮設住宅で、燕燕さんは歩実さんの髪を優しくなでた。(山崎敦、片桐大介)

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/20110628_01.htm



スポンサーサイト

テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 犠牲 レポート 外国人 避難 河北新報 スクラップ

地震、津波、そのとき子供達の避難

うちのチビ二人は、年中と年少の保育園児です。
海岸から数十メートル。

地震発生時はちょうどお昼寝の時間でした。
保育園には約120名の園児がいました。

僕は地震発生時、会社ではなく町内にいて、すぐに自宅に戻り長男と妻、両親の安全を確認できました。残りはチビ二人。
地震発生から15分程度経ったいたでしょうか。まだ町内には津波に関する防災放送は入っていませんでした。
クルマで保育園に向かい、園庭に入って見るともぬけの殻。どこかに避難しているんだと思い、町役場の方を見ると町のバスに乗り込む園児達の姿を見ることができました。
その直後、園長と話が出来、高台に避難するとの事でした。

いったん家に戻り、避難場所へチビ達を迎えに行き、お昼寝のパジャマ姿の二人を見つけることができました。

その頃には保育園のまわりは4.6mの津波に襲われていた思います。
バスの停まっていたところは、乗用車が流れている映像がニュースで放送されていました。

冷静に対応された保育園の先生方と町の連携で子供達は全員無事でした。

あとで聞くと、先生達のクルマはみんな津波で流されてしまったようでした。

後日保育所の片付けの手伝いに行きましたが、建物の外側には約60cmの高さで水の跡がついていました。保育所の中は園長が最後に戸締まりをしてくれたそうで、数センチの水が入った程度でした。
みんなで掃除し、消毒をして23日には保育園が復旧するとのことでした。

先生達には子供達の命を救って頂き、感謝してもしきれないぐらいです。

被災地の一日も早い復興をお祈りしています。


http://minkara.carview.co.jp/userid/284155/blog/21821395/


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 子供 避難 ブログ 幼稚園・保育園

津波にプリウスもろとも呑み込まれ襲われました。

皆さん大丈夫ですか? 

今日の大地震、未曾有の被害が出ているようです。

今日の大地震で、命からがらに僕は今、家路に付いたところです。

僕は仕事の為、海岸線を走っている時、津波にプリウスもろとも呑み込まれ襲われました。

海岸沿いの住宅の間からいきなり覆い被さって来る津波になすすべありませんでした・・・

建物の2階近くまで水位が上がる中、流されるままのプリウスの窓を開け、近くの民家の二階ベランダの手摺に、藁にもすがる思いでぶら下がり、激流の如く引いて行く津波の水位を下がるのを待ち、何とか生き延びることが出来ましたが・・・


周囲を見渡すと・・・


僕が掴まり助かった家だけを残して、辺り一面は1軒の家も無くなり瓦礫の山と化していました。 


津波に浸かり、頭の先から爪先まで、ずぶ濡れになり呆然と立ち尽くし、沖を見ると 多くのや、建物の残骸。 

その中には多くの犠牲者も居られたと思いますが、その時は立ち尽くすだけでどうする事も出来ませんでした。

はっと、我に返り周囲を見渡し、に閉じ込められたままの人や、津波に呑まれながらも何とか生き延びた人を救助し、小高い被害の受けていない家に運びましたが多くの方が僕の周りにいた人よりも亡くなったと思います。 


津波が引いた時の人の気配の無さの不気味さ・・・ 



スマトラ沖の地震による津波のような惨劇でした。



今現在、TVで発表されている死者の数より今日の惨劇を状況を考えれば、津波にさらわれ亡くなっている方はずっとずっと途方も無いくらいに多いと思います。 



こうしてあの惨劇の中、生かされた僕は、自分の仕事を生かし、明日からライフラインの復旧の為に全力を尽くします。

そして、少しでも多くの方の命が救われる事を切に願います。
Posted at 2011/03/11 22:42:33

http://minkara.carview.co.jp/userid/817341/blog/m201103/


いのちの絆 大震災を生きる (静山社文庫)

新品価格
¥680から
(2011/7/19 08:48時点)


テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 ブログ 救助 レポート

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。