地域
キーワード

津波 生還 スクラップ 犠牲 ブログ レポート 河北新報 救助  子供 高齢者 避難所 地震 毎日 2ch 幼稚園・保育園 産経 読売 親子 朝日 避難 海上 赤ちゃん 公務 学校 3.11の夜 遺体 対策 住宅 病院 現代ビジネス スポニチ 2ch 家の中 遺族 妊婦 孤立 老人ホーム 原発 小学校 建物内 個人サイト 希望 mixi 行政 日経 神戸新聞 被災 生活 新潟 掲示板 訓練 救出 三重 東京新聞 遺児・孤児 町長 買占め メルマガ JCAST 外国人 非難 女性セブン 物流 市長 ニューヨークタイムス 遺体収容 帰宅 ニュースリリース 日高新報 ロサンゼルスタイムス てんでんこ 消防団 桐生タイムス 宮崎 義援金 夫婦 先生 保育所 バス 中日新聞 警察官 漁師 陸前高田 共同通信 家族 記者 再建 写真 怪我 日向灘 検視 復興 知恵袋 

月別アーカイブ
リンク
DVD

東日本大震災 岩手 [DVD]

新品価格
¥1,486から
(2011/7/19 09:00時点)

東日本大震災 宮城 [DVD]

新品価格
¥1,190から
(2011/7/19 09:05時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,229から
(2011/7/19 09:10時点)

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~ [DVD]

新品価格
¥2,953から
(2011/7/19 09:48時点)

震災の記録 1 [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2011/7/19 09:55時点)

雑誌など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「津波は引き波を見てはいけない」

「助けられなかったんかな」
そのお母さんはこう話した。

被災の日にお母さんは、義姉さんと気仙沼に買い物に行くことになっていた。
車で迎えに行く途中、被災にあったそうだ。

「最初は車がパンクたと思って、止めて降りたら周りの電柱がグラングランなってて」
家に帰って避難しよう、そのほうが良いと思って帰ったそうだ。

そうして家に戻ったら目の前の海が
ありえないくらい潮が引いて海底がムキだしになったそうだ。

急いで逃げようとし、下の家が飼っていた犬(家主は留守だったらしい)を連れて
高台へ避難したそうだ。
膝下まで水に浸かったらしいが、ギリギリで助かったそうだ。

その後、その義姉さん夫妻は行方不明となり、現在も見つかっていないそうだ。
目撃者がいるらしく、甥が義姉の夫を車にのせ、逃げようとしたが
津波に追いつかれ、いくら拭かしても坂を上らず呑まれていった。
その姿を見て、義姉さんは腰を抜かしてしまい、同じく呑み込まれたそうだ。


もしあの時迎えに行ってれば、助けられたのか


自問自答してしまうそうだ。
無理もないと思います。

誰もあんな津波が起こるとは予測できなかったワケです。
迎えに行くことはできなかったのではないかと思います。

でも所詮ワタクシは第三者。
何ができるワケでもありません。


津波は引き波を見てはいけない」


この地方にある言い伝えだそうだ。
津波の引き波はあらゆる物を巻き込んでゆく
真っ黒い水が、人も建物も生活も、巻き込んでゆくのだろう
これを見た気持ちは、想像すらできない。

津波に巻き込まれた人も、松の木に引っかかって手はボロボロになりながらも助かった人もいるとか
どうなるかは運次第でもある。

そんな話をワタクシと高橋さんで聞いていた。
2人とも意見なんか言えたものではなかった。
ただ聞いて頷くだけ。

それでも聞いた方が良いと思います。

「吐き出させた方が良い」
ワタクシなんかよりも長期でいろいろ経験されている、あるボランティアコーディネイターの人がこう言っていた。

その後お母さんはだんだんと元気になってきたのです。
朝はため息まじりだったのに、話を聞いているうち、時間が経つうちに不思議なくらい元気になってきた。

人はやはり話しを聞いてあげることで、元気になってゆく

途中から救援に合流した関西人のボランティアが引くくらいの
悪質なダジャレ(笑)が飛び出すようなくらいなっていた。

「ホントこういう風に来てくれるのが、ありがたくってありがたくって」
被災者の多数の人は、ボランティアが来てくれることは本当に申し訳ないと思っている。

でもこちらもたくさんの、普段だったら絶対ありえない貴重な経験を与えてもらっている。

話がズレるが海をぼーっと眺めていたのも、おそらく勝手な想像なのだが
あらゆる物を奪った津波なのに、海なのに
それでも嘘みたいに静まりかえった海にはそういう心情を受け入れるカタルシスがあるのかと。

話を戻して作業を終了してそのお宅でお別れしたにも関わらず
そのお母さんと、途中から来た近所の人は我々が帰ってゆくまで
その高台にあるお宅から見送っていた。
帰り支度で結構な時間、手こずっていたというのに。

そこまで感謝されることってないと思う。

こちらも大したことなんかしていない。
けれども、役には立てているのだ。

そしてこういう話を他の人に伝えることも大事だと思っている。

自己満足かもしれないが、大事だと思う。


2011年05月31日
http://blogs.dion.ne.jp/aseki/archives/10173156.html

大震災の後で人生について語るということ

新品価格
¥1,575から
(2011/7/19 08:46時点)




テーマ: 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル: その他

tag: 津波 生還 ブログ

コメント:

非公開コメント

写真集

巨大津波が襲った3・11大震災―発生から10日間の記録 緊急出版特別報道写真集

中古価格
¥1,185から
(2011/7/19 08:21時点)

報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災

新品価格
¥1,575から
(2011/7/18 21:06時点)

東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集 (AERA増刊)

新品価格
¥980から
(2011/7/18 21:07時点)

岩手日報社 特別報道写真集 平成の三陸大津波 東日本大震災 岩手の記録

中古価格
¥1,190から
(2011/7/18 21:16時点)

写真集 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶

新品価格
¥2,415から
(2011/7/18 21:17時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/18 21:17時点)

写真記録 東日本大震災 3・11から100日

新品価格
¥1,890から
(2011/7/18 21:18時点)

TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集

新品価格
¥2,940から
(2011/7/22 22:43時点)

新聞縮刷版
書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。